記事

「勉強の哲学」vs.「七回読み勉強法」 - 千葉雅也(哲学者)×山口真由(元財務官僚)

1/3

なんで勉強するの?
勉強の目的とは? 続けるにはどうすればいい?
勉強を極めた二人が語り尽くす


千葉雅也 哲学者×山口真由 元財務官僚

勉強する「心」を持ち続けるには、どうすればいいのか? 『勉強の哲学』(小社刊)で「変身」するための勉強法を伝授する千葉雅也さんと「東大首席が教える超速「7回読み」勉強法」で東京大学法学部、司法試験、国家公務員I種を突破してきた山口真由さんが、その秘訣を語る。

山口:千葉さんの『勉強の哲学』では、すること自体に目的があるような勉強、それを通じて、自分が「変身」するような勉強が勧められていて、非常に新鮮に感じました。試験のための勉強というのは、「合格」という明確な目的に特化したものだったからです。

司法試験なんて、受かればいいんです。逆に、受からなければ、どれだけ苦しい勉強も報われない。最短距離を、最速で行ける勉強が最も合理的ではないかと。

千葉:だからこそ、必要な水準になるべく早く到達するための効率的な勉強法として、山口さんは「七回読み勉強法」を編み出したのですね。
山口さんにとって、勉強は手段だったとすると、法律を学ぶ目的は何だったのですか。

山口:実は最初は法律が嫌いだったんです。子供のころから好きだったのは、小説やファンタジーで、大学に入ってからも、面白いと思ったのは、アメリカ文学史や『平家物語』についての講義でした。でも、それを職業とすることが、具体的にイメージできなかった。それで、自立して生きていくために実学としての法律をしっかりと学ぼうと決意したんです。

千葉:ぼくは東大の教養学部にいたのですが、ぼくの考える「教養」とは、実学のベースにもなり、実学も大きく包み込んでしまうようなものです。決して実学の反対概念ではありません。

さらにいえば、ぼくにとっての「勉強」は、周りに流されることなく、自分のやりたいことを引き延ばしていくための方法です。その目的は、自分を根本から揺さぶり、「変身」することです。それは「手段」ではなく、終わりのない「過程(プロセス)」だと考えています。

キモくないのは勉強が足りない

山口:千葉さんがいう「勉強」は、私の言葉でいえば、「学問」ですね。今年、私は東大法学部の大学院博士課程に入ったのですが、入学式で総長が「自分の好奇心の赴くままに追究するのが学問だ」とおっしゃっていました。ですから、私も手段としての勉強から過程としての勉強に移行しつつあるのかもしれません。

そのような「勉強」は素晴らしいと思うのですが、実学としての法学を修め、官僚、弁護士という実務家として働いてきた私は、その「勉強」は、高い能力と余裕を持った限られた人たちのための高尚な贅沢なのではないか、とも思うのです。というのも、私、「考える」ことをほとんどしたことがないんですよ。「悩んだ」こともほとんどない。

千葉:はっきり言いますね(笑)。

山口:財務省の最終面接で、司法試験、国家公務員Ⅰ種の勉強をしてきて、死ぬほど悩んだことは何ですか、と訊かれたのですが、自問してみて、何もないことに気づきました。考えることに時間を割けるのは、贅沢なのではないですか。

千葉:なるほど……。でも、ぼくは万人が勉強すべきとも思いませんが、限られた人にしか許されない贅沢にもしたくない。周りに合わせられない、今いる場所で楽しく生きられない、でも、勉強の方法がわからないために、イヤイヤ周りに合わせて、リア充を装っているような人たちに向けて、「ノリが悪くなって、周囲から浮いて、キモい人になってもいいから、勉強をしてみようよ」と呼びかけたくて、『勉強の哲学』を書いたんです。

山口:私は小さいころから、周囲から「浮く」のが、とにかく恐かった。幼少のときから本が好きで、図書館の本を片っぱしから読んでいたのですが、ある日、二宮金次郎って言われて、これでは浮いてしまうと思って、以来、本好きであることは、ひた隠しにしてきました。だから、図書館に行っても、知っている子に会わないようにしていました。札幌で通っていた公立中学は同調圧力が強かったから、友だちがいない人だと思われないために、トイレには絶対に一人で行きませんでした。

高校は上京して、超秀才が集まる筑波大附属高校に祖母の家から通っていたのですが、ここでも変に目立って「田舎者」と言われたくない、と思っていました。そのくせ負けず嫌いだから、成績は良くなければ、自分が許せなかった。

そんな思いが、「七回読み」のような無駄なことは一切やらない超合理的で超効率的な勉強法に向かわせたんだと思います。ですから、勉強を手段として割り切れずに、司法試験に何度も落ちているようなベテラン受験生が、点にならない法学の蘊蓄を語り出すのを見ると、まるで自分自身を見るようで恥ずかしくなってしまう。

撮影:新津保建秀

千葉:それはまさに勉強をしはじめた人に必ず出る症状です。僕は『勉強の哲学』で、勉強を新しい言語の習得とも定義していますが、言葉を覚えはじめると、それを使うこと自体が楽しくなって、「不必要に細かい話」をついついしてしまう。すると、周囲から浮き、キモい人になってしまう。でも、勉強によって「変身」するためには、キモくなるという「第二形態」を通過しなければならないんです。キモくならないようでは、勉強が足りない。それを経て、「新しいノリ」を獲得すれば、意識的に周囲のノリに合わせ、キモい自分を晒さない術も身につけられるはずです、つまり「第三形態」になる……と熱く語ってしまったのは、ぼく自身がやはり、中学のころから自然に浮いちゃう、キモい人だったからですね。

今でも、ご近所の飲み屋さんに行くときは、余計なことをいって浮かないように気を遣っているのですが、「勉強していない人」に擬態しても時々、尻尾が出て、ヘンな言葉遣いになって浮いてしまうことがあります。だから、山口さんが恥ずかしいといった司法試験オタクの人みたいに勉強してキモくなっちゃった人を見ると、むしろ、この人は愛らしい、かつてのぼくに似ている、とすごく共感するんです。『勉強の哲学』には、世の中すべてをそういう連中だらけにしてやれ、という秘かな思いも込められています。

ところで、ぼくの勉強の根本には、コレクションしたい、という欲望があります。『勉強の哲学』にも書きましたが、幼少のころから、三六色のサインペンがずらっと並ぶセットや、人間のさまざまな種類の内臓が意味もなく好きでした。

山口:その欲望はすごくわかります。私は未知の知識が欲望の対象で、それを丸暗記することが、所有欲を満たす方法でした。それができると快感を覚えます。高校のときは、色々な古典を暗誦したり。たとえば、長恨歌。「漢皇色を重んじて傾国を思ふ 御宇多年求むれども得ず」。まだけっこう覚えてますね。法律を勉強するときも、ひたすら丸暗記でした。暗記するに足るストーリーがないと、私の体に入ってこないんです。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  7. 7

    二階幹事長“首相の続投望む国民多い”発言に「どこの国?」「幻聴では」と失笑の嵐の異論」

    女性自身

    08月04日 09:50

  8. 8

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  9. 9

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

  10. 10

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。