記事

すべてはミツバチのために 後ろ向きで走るマラソンランナー

来週の日曜日(6月4日)、今年度のコムレイズ(Comrades)が開催される。クワズルナタール州のダーバン/ピーターマリッツバーグ間の約89キロを走る、世界最古・最長のウルトラマラソンだ。参加できるのは2万人だけ。世界60か国以上から走者が集まる。

今年の参加者のひとりに、変わったスタイルで走る人がいる。コムレイズを走るのは今回で5回目という、ファライ・チノムウェ(Farai Chinomwe)さんだ。ファライさんは後ろ向きに走る。後ろ向きに走ることで、世間の注目を浴び、ミツバチに対する意識を高めることが参加の目的。優勝など目指していない。

ファライさん(storytelling.co.za

ファライさんの人生、人柄はまさに自然体

生まれたのはジンバブエの南東部の町、マスヴィンゴ(Masvingo)。自然に囲まれて育った。誰もが楽器を演奏する村だったという。

2000年にケープタウンに移り、ラスタファリアン(Rastafarian)になる。

カリブ海、特にジャマイカで、アフリカを帰還すべき約束の地と定め、エチオピアのハレ・セラシエ(Haile Selassie)皇帝を黒人の救世主として崇拝する宗教・政治的運動を「ラスタ主義」「ラスタファリアニズム」(Rastafarianism)という。ハイレ・セラシエの本名「ラス・タファリ」(Ras Tafari)からつけられた名称だ。

ラスタファリアンとはラスタ主義の信奉者のこと。マリファナの使用と、ドレッドロックス(長髪を縮らせて細かく束ねたヘアスタイル)と、レイドバックな生き方で知られる。

ドレッドロックスといえばボブ・マーリー


ファライさんの改宗の理由は、「けばけばしいライフスタイルとは関係ない生き方をしたかったから」。

ケープタウン大学で商学を学びたかったものの、学資が集まらず断念。ジョハネスバーグに移動し、伝統的なジンバブエ音楽を演奏するバンドのメンバーになる。

ところが、お気に入りの太鼓にミツバチが住みついてしまった!「火攻めにして追い出せ」と皆に勧められたが、そんな可哀想なことはしたくない。何とか、優しく、安全に移動させることができないものか。良い手段を編み出したのは1年後。太鼓は巨大なハチの巣に変貌していた。

ミツバチと暮らし始めたファライさんは、ミツハチについて学び始める。そして、ハチミツという商業価値があるだけではなく、授粉に欠かせない存在であることを知り、プロの養蜂(ようほう)家になる決心をする。

ミツバチの移動・管理を行う会社「ブレスト・ビー・アフリカ」(Blessed Bee Africa)を設立。ハチミツも作っている。だが、近所に売る程度の規模。「最高品質のハチミツを作り、誰もが入手できるようにしたい」という夢が実現するまで、まだまだ道のりは長い。

さて、大学志望からミュージシャン、そして養蜂家と自然体で転進したファライさんだが、一体どうして、後ろ向きで走るようになったのか。実は、それも成り行きに身を任せた結果だ。

ある日のこと。夜中の1時に古ぼけたプジョーを運転していた。クライエント宅でミツバチの群れを回収した帰り道だ。トランクの中には怒り狂ったハチたち。突然、プジョーが動かなくなる。人里からちょっと離れた暗い道。助けてくれる人が通りかかる可能性は、こんな時間まずない。寒い。。。

坂の上まで車を押し上げることができれば、後は下りだ。なんとか家まで戻れる。

車に向き合って押すが、ビクともしない。ところが、後ろ向きになって、背中をつけて押すと、なんだかずっと楽! 

苦労すること2時間。やっと家に辿り着いた。ハチたちを新居に移し、疲労困憊して眠りにつく。翌朝目が覚めて驚いた。大腿四頭筋の調子がいい。実はランナーでもあるファライさんは思った。後ろ向きって、もしかしたら、すごいトレーニング? 「ミツバチのおかげで、素晴らしいトレーニングテクニックを発見したんだ。」 ハチさん、ありがとう!

後ろ向きに走ることで体力、持久力、バランスが鍛えられ、普通に走った時のパフォーマンスが大きく向上した

ミツバチの世話をしていない時は、毎日ランニングを欠かさず、できるだけマラソン大会に出場している。また、後ろ向き走法のパイオニアとして、月に一度、後ろ向き走法クリニックをジョハネスバーグで開催している。

後ろ向きで走るファライさん(storytelling.co.za

ファライさんは、本番でも後ろ向きで走ることがある。後ろ向き訓練法を教えてくれたハチたちへの恩返しのためだ。後ろ向きに走ることで注目を集め、ミツバチが環境にとって大切であることを一般の人々に知らしめ、募金を募り、都市部での巣箱を増やし、恵まれない家庭の若者に養蜂トレーニングを行うのだという。

ファライさんは、今年のコムレイズも後ろ向きで走る。

ファライさんの動画。ジンバブエの楽器が素敵です。



【参考資料】
"Honey bee hero gets buzz from running backwards", Sunday Times (2017年5月28日)
"Running Backwards for Bees", Storytelling.co.za (2015年5月3日)

【関連ウェブサイト】
Blessed Bee Africa (フェイスブックページ)
Comrades (公式サイト)

【関連記事】
遺伝交配で蘇ったクアハ 絶滅種を再び地上に (2017年5月18日)
ギャングから華麗な転身 地球と地域社会を大切にするエコビジネスマンへ (2017年4月11日)
メイドからセレブシェフに 人生を変えたリアリティTV (2017年1月10日)
10秒の壁を破った南アランナー 今度こそオリンピックへ (2014年4月19日)
ホームレスで麻薬中毒だった少年、スケートボードで開花 アメリカで修行中 (2014年1月11日)
絶滅の危機 ヒキガエルに愛の手を (2010年8月11日)

あわせて読みたい

「マラソン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  2. 2

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    三原じゅん子氏 野党は恥を知れ

    自由民主

  4. 4

    貯金2000万円で騒ぐより禁煙せよ

    永江一石

  5. 5

    「何で嘘ついた」宮迫の謹慎に涙

    女性自身

  6. 6

    宝の持ち腐れ? ZOZO新商法に疑問

    諌山裕

  7. 7

    立民のやる気ない選挙公約に失望

    篠田 英朗

  8. 8

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  9. 9

    ペイ3社合同 セブン最大20%還元

    S-MAX

  10. 10

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。