記事

「節税目的で孫を養子に」最高裁判決の意味

■孫を養子にすれば相続税が安くなる!?

今年1月末、相続税の節税を目的とした養子縁組の有効性が争われていた裁判で注目の判決が下された。

訴訟は姉弟間で起きた。ある男性が節税目的で自分の息子を自分の父親と養子縁組させた。祖父と孫が親子関係になったわけだが、これに男性の2人の姉が反発。高裁では縁組が無効とされたが、最高裁はこれを破棄。節税目的でも縁組するという意思が否定されない限り、直ちに縁組は無効にならないという判断になった。

そもそもなぜ祖父と孫の養子縁組が節税になるのか。効果は2つある。まず1つは、法定相続人が増えることによって生じる効果だ。

相続税の課税対象は、遺産から基礎控除額を差し引いた額である。基礎控除額は、「3000万円+(600万円×法定相続人)」。法定相続人が増えれば基礎控除額も増えて、課税対象額は減ることになる。

もう1つは、飛ばし相続の効果だ。祖父、子、孫の三代にわたって相続が発生すれば、相続税は2回課税されるが、祖父と孫が親子になれば、法定相続分通りでも遺産の一部を一代飛ばして相続できる。相続税額の2割加算によって税額が2割増になるものの、相続税の課税回数は1回分減らすことができる。

■「遺留分封じ」はどこまで有効か

相続税対策で行われる養子縁組。しかし、相続に詳しい長谷川裕雅弁護士は、「相続税の課税回数を減らす効果はともかく、基礎控除額の増額については、一般に考えられているほど節税効果は大きくありません」と指摘する。

画像を見る

「民法上は養子縁組できる数に制限がないものの、相続税の基礎控除額を計算するうえでカウントできるのは実子がいる場合、養子1人まで。相続税法が改正され、基礎控除額への加算も1000万円から600万円に下がってしまいました。つまり縁組しても600万円×税率分しか税金は安くならないのです」

ならば縁組は労多くして功少ないだけなのか。長谷川弁護士は「多くの場合、真の目的は、きょうだいの遺留分封じ」と明かす。

遺留分は、故人の遺言内容にかかわらず法定相続人が最低限相続できる額を指す。たとえば法定相続人が妻と長男、次男なら、長男、次男とも遺留分は8分の1。次男が放蕩息子で遺産を分け与えたくなかったとしても、遺産の8分の1を持っていかれる。

「そこで養子縁組の出番です。長男の嫁、孫2人を親と養子縁組させれば、法定相続人が3人増えて、次男の遺留分は20分の1に減ります。遺留分は相続税法でなく民法によって規定されているので、養子縁組の数に制限はありません」

遺留分を減らされたきょうだいは当然、納得いかない。

「実態を伴わない形式だけの縁組では無効になるおそれがあります。養子縁組するなら、親子で同居したりお金を渡して扶養したりするといった実態が必要です」

(ジャーナリスト 村上 敬 答えていただいた人=弁護士 長谷川裕雅 図版作成=大橋昭一)

あわせて読みたい

「相続税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。