記事

山口代表「10%消費増税の延期はない」

2/3

【塩田】第2次安倍政権での公明党の役割をどう捉えましたか。

【山口】公明党の特徴を生かして、共に進むべき課題についてはアクセルを踏む。民意とずれが生じたり国民の意見が割れるテーマでは、言うべきことを言い、チェックもする。そういう機能が大事だと思いました。市区町村議員も、党公認の当選議員数では自民党よりも公明党のほうが多い。地方に根を張り、民意の奥をつかむという公明党の機能に自信と誇りを持って、政権の安定という役割を果たそうと強く自覚していました。

【塩田】自民党との再連立で、創価学会からの注文や期待は。

【山口】ストレートにはありませんが、連立合意について考え方を説明する機会があります。政権と政治の安定は強く望んでいて、庶民、大衆に根差した視点で、少子高齢化に伴う医療や介護の充実などの社会保障の機能強化、子育て支援では子どもの医療費の無料化や幼児教育の無償化という声があり、公明党はきちんと受け止めてやってきました。

【塩田】野党時代以来、公明党と創価学会の関係に変化が生じている面はありますか。 

【山口】基本的にはないと思います。公明党も時代の変化に対応しています。結党当初、日米安全保障条約や自衛隊は違憲の疑いがあり、解消しようというトーンでしたが、1990年頃、与野党逆転状況の国会で徐々に政策転換し、自衛権を認めて自衛隊を肯定する、PKO(国際連合平和維持活動)協力を推進する、有事法も安保法制もつくるという各段階で、批判を浴びながら厳しい議論をしてきました。党員の中には創価学会の方もたくさんいますが、現場で意見や批判にさらされ、説得するという努力を繰り返してきました。

【塩田】2度目の安倍政権は4年5カ月が過ぎました。

【山口】公明党は要所、要所で役割を発揮していると思っています。たとえば日中関係。12年の総選挙の後、13年3月の全国人民代表大会までの3カ月余り、政治空白があった。安倍首相はすぐに動けない。中国側も安倍さんに対して先入観があり、対応できない。韓国では朴槿恵大統領は選ばれたけれど、政権ができていない。

この空白を埋める役割が公明党にあると考え、安倍さんと相談して、13年1月、通常国会開会前に訪中し、習近平総書記と対話の機会を持った。今、やっと日中首脳会談が開ける環境になってきています。

■安倍政権で公明党が果たしてきた役割

【塩田】2度目の安倍首相の政権運営をどう捉えていますか。

【山口】1回目の経験を教訓にして、二度と失敗しないようにと気をつかっています。1回目は信念を強く高く掲げ、実現するという直線的な思考が強かった。今はそうは思っても、違う面にも配慮し、周囲への根回しも心がけながら、段階的に整えてやっています。

【塩田】同じ与党として、自民党と安倍首相の関係はどう映りますか。

【山口】以前は議院内閣制の下で党が政権をコントロールする面が強かった。政策決定も、党で積み上げ、合意を得たものを政府に委ねるという形です。ですが、安倍さんのスタイルは官邸主導による意思決定という面が強く出ています。

大所帯の自民党を運営する際のある種の知恵かもしれません。党が強いと、何をするにしても時間がかかる。異論・反論が続出して党が割れているように見えます。安倍首相はその点が第1次内閣で政権を失ったこと、民主党政権が長持ちしなかったことの大きな教訓と見ていると思います。

【塩田】現内閣での首相官邸と霞が関の官僚機構との関係は。

【山口】以前の歴代内閣は各省の出向者の集まりで、首相や官邸の意向が省庁とうまく噛み合っていなかった面もあったかもしれません。安倍さんは求心力を働かせるためにいろいろ工夫しています。人事権をしっかりとグリップしたのが非常に大きいと思います。

【塩田】昨夏の参院選の結果、自民党は衆参で単独過半数を超えました。議院内閣制からいえば、連立解消という道もありますが、変わらず自公連立政権を続けています。

【山口】自公連立は多様な民意を受け止める力があり、意見が多少違っても合意をつくる力がある。選挙でも両党の協力関係が成熟してきています。この3つは、数の問題に置き換えることはできない。その点は安倍さんも自民党もよく認識していると思います。自民党から、連立の再検討を、といった話はないですね。参院選は互いの選挙協力で成り立っていて、両党が協力し合って獲得した結果と自民党も受け止めていると思いますね。

あわせて読みたい

「公明党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  5. 5

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  6. 6

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  7. 7

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  8. 8

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  9. 9

    「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米

    内藤忍

    09月20日 12:53

  10. 10

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。