記事

テロ等準備罪と条約の関係

⒈今回の法改正は、国際組織犯罪防止条約による国際協力の枠組みに日本が参加するための国内法措置。

⒉この条約は、「組織犯罪対策の平準化」と「国際協力の普遍化」を求めている。

既に187カ国の加盟を得ており、世界的スタンダードとなっている。
ア.組織性・集団性、
イ.資金面の結びつき、そして
ウ.反復的・継続的に犯罪を起こす実体、が必要。
この要件を満たす限りテロ組織も含まれる

⒋「双方可罰性」と「捜査」対象の議論が混同
双方可罰性は、この条約の国際協力の対象にする基本条件。これがないと、国際協力に応じられない。
双方可罰性がないと、任意の捜査(情報収集)は可能だが、強制の捜索・押収や身柄拘束が出来ない。

⒌一方、「捜査」はたくさんの一般人から一人もしくは少数の被疑者被告人を絞り込む作業。当然、当初は一般人も捜査の対象になる。

⒍技術的には、外務省条約局と法務省刑事局の判断による。条約に参加する目的からだけ言えば、政府と国会の与野党が一致して「国際協力の義務履行を保障する措置」で十分。

⒎組織犯罪の組織性や継続的な性格を考えると、組織犯罪への関与は従来の刑事法が捉える一度きりの犯罪への関与とは格段に異なる高い反社会性がある。

⒏個別の犯罪行為に参加しなくても、組織犯罪と認識して一定の加担行為については、違法化すべきであると自分も考える。

あわせて読みたい

「テロ等準備罪」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  9. 9

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。