記事

テロ等準備罪と条約の関係

⒈今回の法改正は、国際組織犯罪防止条約による国際協力の枠組みに日本が参加するための国内法措置。

⒉この条約は、「組織犯罪対策の平準化」と「国際協力の普遍化」を求めている。

既に187カ国の加盟を得ており、世界的スタンダードとなっている。
ア.組織性・集団性、
イ.資金面の結びつき、そして
ウ.反復的・継続的に犯罪を起こす実体、が必要。
この要件を満たす限りテロ組織も含まれる

⒋「双方可罰性」と「捜査」対象の議論が混同
双方可罰性は、この条約の国際協力の対象にする基本条件。これがないと、国際協力に応じられない。
双方可罰性がないと、任意の捜査(情報収集)は可能だが、強制の捜索・押収や身柄拘束が出来ない。

⒌一方、「捜査」はたくさんの一般人から一人もしくは少数の被疑者被告人を絞り込む作業。当然、当初は一般人も捜査の対象になる。

⒍技術的には、外務省条約局と法務省刑事局の判断による。条約に参加する目的からだけ言えば、政府と国会の与野党が一致して「国際協力の義務履行を保障する措置」で十分。

⒎組織犯罪の組織性や継続的な性格を考えると、組織犯罪への関与は従来の刑事法が捉える一度きりの犯罪への関与とは格段に異なる高い反社会性がある。

⒏個別の犯罪行為に参加しなくても、組織犯罪と認識して一定の加担行為については、違法化すべきであると自分も考える。

あわせて読みたい

「テロ等準備罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  4. 4

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  5. 5

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  6. 6

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  7. 7

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  8. 8

    山尾氏が手続きせず倉持氏と旅行

    文春オンライン

  9. 9

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  10. 10

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。