記事

世界スマホ販売、中国ファーウェイが2強との差縮める=調査

[フランクフルト 23日 ロイター] - 調査会社ガートナーが23日発表した第1・四半期の世界のスマートフォン(スマホ)販売で、中国の華為技術(ファーウェイ)がサムスン電子<005930.KS>と米アップル<AAPL.O>の2強との差を縮めたことが分かった。

ファーウェイの市場シェアは前年同期の8.3%から9%に上昇。ガートナーは「ファーウェイは世界スマホベンダー3位の座をしっかりと守った。ただ、中国国内の同業者の追い上げで重圧が増している」と指摘した。

実際、中国勢のOPPO(広東欧珀移動通信)とVivo(維沃移動通信)のシェアはそれぞれ8.1%と6.8%に達している。

サムスンはベンダー首位を維持したが、シェアは23.3%から20.7%に低下し、「ギャラクシーノート7」のリコールの影響が尾を引いていることがうかがえる。

アップルもシェアが14.8%から13.7%に下がった。第1・四半期は年末商戦の活況の反動で販売が落ち込むことなどから、アップルにとって季節的に最も低調な時期。今年は秋に新型iPhone(アイフォーン)が登場するため、消費者の買い控えも見られる。

第1・四半期の世界全体のスマホ販売台数は前年同期比9.1%増の3億8000万台だった。

あわせて読みたい

「ファーウェイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  2. 2

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  3. 3

    日産社長 切られる前に切ったか

    片山 修

  4. 4

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

  5. 5

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  6. 6

    大企業に蔓延するエセ科学商品

    幻冬舎plus

  7. 7

    貧困層が逃れられない現金の呪縛

    MONEY VOICE

  8. 8

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  9. 9

    また脱線事故 韓国のいい加減さ

    団藤保晴

  10. 10

    元中国人の選挙出馬に心ない罵声

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。