記事

今月のサイバー攻撃、北朝鮮ハッカー集団関与の可能性高い=米社

[ワシントン 22日 ロイター] - サイバーセキュリティー大手の米シマンテック<SYMC.O>は22日、世界各国で被害が確認された今月の大規模なサイバー攻撃について、北朝鮮と関連があるハッカー集団が仕掛けた可能性が高いとの見方を示した。

今回の攻撃では「WannaCry(ワナクライ)」と呼ばれるランサムウエアが使用され、世界中で30万台以上のコンピューターに影響を及ぼし、病院や銀行、学校の業務に支障が出た。

シマンテックによると、ハッカー集団「ラザルス」が関与したこれまでのサイバー攻撃でみられたハッキングツールなどが使用されたという。ラザルスについては、米政府などが北朝鮮と関連していると指摘している。

あわせて読みたい

「ランサムウェア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    音喜多氏の入党で一皮剥けた維新

    早川忠孝

  3. 3

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  4. 4

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  5. 5

    韓国人旅行者65%減で地方に痛手

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  7. 7

    宗男氏 前夜祭巡りホテルに確認

    鈴木宗男

  8. 8

    産婦人科は奴隷労働? 無知な市民

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  10. 10

    自動運転で死亡 責任は運転手に

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。