記事

今月のサイバー攻撃、北朝鮮ハッカー集団関与の可能性高い=米社

[ワシントン 22日 ロイター] - サイバーセキュリティー大手の米シマンテック<SYMC.O>は22日、世界各国で被害が確認された今月の大規模なサイバー攻撃について、北朝鮮と関連があるハッカー集団が仕掛けた可能性が高いとの見方を示した。

今回の攻撃では「WannaCry(ワナクライ)」と呼ばれるランサムウエアが使用され、世界中で30万台以上のコンピューターに影響を及ぼし、病院や銀行、学校の業務に支障が出た。

シマンテックによると、ハッカー集団「ラザルス」が関与したこれまでのサイバー攻撃でみられたハッキングツールなどが使用されたという。ラザルスについては、米政府などが北朝鮮と関連していると指摘している。

あわせて読みたい

「ランサムウェア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  3. 3

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  7. 7

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  8. 8

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  9. 9

    タトゥー女子急増?「映え目的」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。