記事

小6の約3割が英語嫌いに

2011(平成23)年度から小学校の高学年に「外国語活動」(英語教育)を導入した現行学習指導要領は、実施から6年がたちました。これについて国立教育政策研究所は、6年間の「外国語活動」の成果や課題を調べた調査の結果をまとめました。

英語によるコミュニケーション能力の向上など大きな変化が見られる一方、小6の約3割が「英語嫌い」になっている他、中学校の英語教育との接続にも問題があることがわかりました。

画像を見る

英語教育の小中の接続に課題も

調査は昨年10~11月、先進的な英語教育に取り組んでいる教育課程特例校等の小学校のうち計100校、1万5,629人の児童生徒を対象に実施し、そのうち1万5,256人(97.6%)から回答を得ました。

それによると、小学生の91.5%が「英語を使えるようになりたい」と答え、実際に55.7%の子ともが外国人に話しかけられたら「英語で受け答えをする」と回答しています。これについて同研究所は「英語を使ったコミュニケーションへの意欲が育っている」と評価しています。

しかし、英語に関する授業の好き・嫌いを尋ねたところ、小5の15.6%が「どちらかといえばきらい」、4.0%が「きらい」と回答。さらに小6では「どちらかといえばきらい」が20.5%、「きらい」が6.3%と増えています。合計すると、小6の約3割が英語の授業に苦手意識を持っていることになります。逆に言えば、残り約7割の児童は英語の授業が好きだとも言えますが、中学校で英語を教科として学ぶ前に、既に3割近くの子どもが「英語の授業が嫌い」になっているというのは大きな問題だと言えるでしょう。

2020(平成32)年度から全面実施される次期学習指導要領では、小学校高学年で英語が教科となる予定ですが、場合によってはさらに「英語嫌い」が増えることも懸念されそうです。

自分の意見を伝え合うことは苦手

小学校の外国語活動は、遊びやゲームを中心に英語に慣れることを目的としていますが、中学校教員の82.1%が「英語を聞く力が高まっている」、63.2%が「英語を話す力が高まっている」と回答しており、小学校外国語活動の結果、単に英語に慣れるだけでなく、「聞く・話す」の力も付いていることがうかがえます。

一方、中学生は「小学校の英語の授業でもっと学習しておきたかった」こととして、「英単語を書くこと」83.7%、「英語の文を書くこと」80.9%、「英単語を読むこと」80.1%などを挙げています。さらに「小学校の英語の授業で学んだことの中で、中学校の授業で役立ったこと」では、「アルファベットを読むこと」88.8%、「アルファベットを書くこと」83.9%と回答しており、小学校のうちに英語の「読む・書く」を教えておいてほしかったと思っているようです。これについて同研究所は「外国語活動において音声中心で学んだことが中学校でうまく生かされていない」と指摘しています。

この他、「英語の授業の中で楽しいと思うこと」を小学生に尋ねたところ、「外国のことについて学ぶ」が75.8%などに対して、「英語で自分のことや意見を言うこと」は49.2%と半数以下でした。外国語活動の内容が、自分の意見や気持ちを伝え合うという「コミュニケーションにまで至っていないのではないか」と同研究所は分析しています。

※小学校外国語教育に関する実態調査
http://www.nier.go.jp/05_kenkyu_seika/pdf_seika/h28a/syocyu-4-1_s.pdf

(筆者:斎藤剛史)

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  2. 2

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  4. 4

    東京五輪後は一切面倒見ないIOC

    舛添要一

  5. 5

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  6. 6

    解雇規制緩和を主張する人の矛盾

    非国民通信

  7. 7

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  8. 8

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  9. 9

    日本企業に陽はまた昇るのか?

    ヒロ

  10. 10

    コクヨのぺんてる買収 TOBなのか

    山口利昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。