記事
  • S-MAX

子どもから大人まで楽しめるおもちゃが集結!「日本おもちゃ大賞2017」の最終審査会を開催ーー東京おもちゃショー2017は6月1〜4日に東京ビッグサイトにて開催【レポート】

2/2
画像を見る

メガハウスは「BotsNew Characters VR DRAGONBALL Z」を出展。スマホを使ったVRゴーグルと、ARマーカーを組み合わせて「ドラゴンボールZ」の「スカウター」を付けた世界を楽しむというもの。

画像を見る

手に取り付けたARマーカーをスマホのカメラで認識し、「かめはめ波」を撃つ機能がある。プレゼンテーションでは、メーカー担当者が会場に向けてかめはめ波を撃つデモンストレーションが行われた。

画像を見る

空を飛ぶ「舞空術 VR」やゲーム感覚で楽しめる「ハチャメチャバトル VR」、「特訓体験!ベジータ VR」なども用意されている。

画像を見る

タカラトミーアーツは、子どもでも楽しめる「VRシューティング スピリッツ」を出展。ゴーグル型VRの対象年齢は、12~13歳以上やや高め。そこで子どもでもVR体験ができるおもちゃを開発したとのこと。

画像を見る

デバイスの特徴は銃型の筐体内に搭載した液晶画面をレンズで拡大することで、まるで銃の中に世界が広がっているかのように見せるようにしている点だ。

画像を見る

操作方法は、筐体を左右に傾けて向きを変え、トリガーボタンで攻撃するというシンプルな内容だ。側面に取り付けられたボタンで、ゲームプレイ中に手に入れた武器を切り替えて戦うことができる。

画像を見る

ゲーム画面は8bitゲームグラフィックスのようなレトロなイメージ。ワイヤーフレームで描写する3D空間とドット絵の敵キャラクターの表現は、子ども達にとって新鮮に映るのかも知れない。

画像を見る

最後に紹介するのがバンダイの「はじめてのオリケシ!チビケシスタンダードセット」だ。こちらはカラフルなバーを組み合わせてオリジナルの消しゴムが作れるというもの。

画像を見る

ベースのなかに「ドット絵」のようなイメージでキャラクターなどを色で作り込んでいく。絵柄が完成したら、少しぬらしてレンジで熱を加えることで消しゴムとして固まるのだとか。

画像を見る

消しゴムはパステル系のカラーを中心に用意されており、専用の台紙に従って色を並べていけば絵柄が完成する。

画像を見る

9月に発売となる新製品では、長さが異なる消しゴムをあわせることで立体的なオリケシづくりも可能となる。8bitグラフィックスのような独特の存在感をもつオリケシ、オジさん向けのドット絵が作れるカラー展開も是非して欲しいところだ。

今回紹介した商品は、東京おもちゃショー2017でも体験可能なので気になった商品は、会場でチェックしてみて欲しい。

記事執筆:mi2_303


あわせて読みたい

「玩具」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  4. 4

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    中島みゆきとユーミン 本当の仲

    NEWSポストセブン

  6. 6

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  7. 7

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  8. 8

    パスワードの管理方法は紙が最強

    PRESIDENT Online

  9. 9

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。