記事
  • S-MAX
  • 2017年05月23日 08:01

子どもから大人まで楽しめるおもちゃが集結!「日本おもちゃ大賞2017」の最終審査会を開催ーー東京おもちゃショー2017は6月1〜4日に東京ビッグサイトにて開催【レポート】

1/2
画像を見る
個性的なおもちゃが集結!

日本玩具協会は10日、都内にて今年の玩具業界を代表するにふさわしい“おもちゃ”に送られる「日本おもちゃ大賞」の最終審査会「日本おもちゃ大賞2017第3次審査会」を開催した。日本おもちゃ大賞は6月1日~4日(一般公開は3日、4日)に東京ビッグサイトで開催される「東京おもちゃショー2017」に先駆けて5月末に発表される予定だ。

おもちゃ大賞2017の募集テーマは次の通り。

・ボーイズ・トイ部門

・ガールズ・トイ部門

・コミュニケーション・トイ部門

・エデュケーショナル・トイ部門

・共遊玩具部門

・イノベイティブ・トイ部門

・ハイターゲット・トイ部門

の7部門。

第3次審査会は、上記の7部門、計35商品のメーカー担当者がコスプレをするなどして2分間のプレゼンテーションを行った。

今回は、日本おもちゃ大賞2017の第三次審査に選ばれた商品の中から、スマートフォン(スマホ)などのモバイルに関連するものやちょっと気になったものを紹介していく。

画像を見る

まずは、シー・シー・ピーの「ラジオコントロール レーシングテトラル」。いわゆるラジコンドローンだ。

画像を見る

特徴として、ドローンに搭載した気圧センサーとジャイロセンサーによって、自ら一定の高度を保つつことができる。

従来は移動だけではなく高度も同時にコントロールする必要があったが、レーシングテトラルは自動で高度を維持するのでコントロールは移動方向だけに集中できる。

なお、ドローン自体が軽いため部屋の空調などでゆらゆら揺れるため、その修正分のコントロール技術は必要になるようだ。

画像を見る

コンソールゲームのような形状をしているコントローラーは、レーシングテトラルとしての操作の他に、一般的なドローンのような操作方法に切り替えることも可能だ。

画像を見る

レーシングテトラルは、その名の通りドローンで遊ぶためのおもちゃで、付属のプレイベースを使った最大8台によるドローンレースのラップタイム計測やシューティングゲームにチャレンジすることができる。

画像を見る

また、スマホと連携させることでレースの状況をスマホ上で確認することもできる。スマホの画面には、レース中継のような演出が施されており、レースがより楽しめるように作り込まれていた。

画像を見る

トミーテックの「車載カメラシステムセット(E233-3000系)」は、Wi-Fi機能をもつ小型カメラを搭載したNゲージの車両だ。

画像を見る

車載カメラでジオラマの世界をスマホやタブレットで楽しめるという製品。複線区間でのリアルなすれ違いなどが、これまでのような自作のカメラを搭載することなく手軽に楽しむことができる。

画像を見る

こだわりのポイントは、カメラの取り付け位置だ。カメラは運転士目線になるよう運転席側に取り付けられている。

画像を見る

デモ展示では駅のホームを通過する際の狭いところを走り抜ける迫力のようなものがあり、なかなか面白いと感じた。

あわせて読みたい

「玩具」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。