記事

壊滅的な20代の投票率を上げる秘策とは!?

https://gyazo.com/546f3eb780ca9d2adf81bf7d1fb69070 若手国会議員で立ち上げた「若者の政治参加検討チーム」は、5月16日に第4回会合を開催しました。

某選挙コンサルタントの方から若者の投票を上げるためのアプローチについて講義をしていただいた後、若者代表として参加していただいたタレントの春香クリスティーンさんも交えて意見交換を行いました。

去年の参院選では、初めての18歳選挙ということで主権者教育が盛り上がったこともあり、10代の投票率は45.5%とまずまずの結果になりました。

全世代の投票率の平均が54.7%であることを考えれば、まだまだ伸びしろは大きいですが、20代の35.6%に比べると格段に高い投票率であると言えます。

むしろ、最大の問題は今の20代の危機的な投票率であり、ここへのアプローチを検討することは喫緊の課題です。

投票を一度でも経験した人は、その後も投票に行くようになる傾向があります。

第4回目の「若者の政治参加検討チーム」では、今の20代にどうやって投票を経験してもらうか、ということに焦点を当てて議論を行いました。

意見交換の中では、

・投票に行くことに何らかのインセンティブを付与することによって、20代の投票率を上げていくべき。

・会社が社員に対して期日前投票に行くために半休を与えたり、投票所でもらえる投票済証明書を提示すれば商品が2割引きで買えたりするなど、産業界による取組も効果が狙える。

といった意見などが出されました。

また、10代の投票率を向上させる取組についても、

・18歳の学生が誕生日に「選挙に行ける年齢になったね、おめでとう」と親から言われて嬉しかった、と話していて印象的だった。20歳の成人式に加え、18歳の「選挙権祝い」みたいなものがあってもいいのではないか。

といった意見が出ました。

今回の議論を踏まえた具体的な対策については今後整理をしていく予定です。 https://gyazo.com/5419bb929d680794c96302c1ec4a15b2

今後も毎月1~2回程度「若者の政治参加検討チーム」を開催し、課題を洗い出した上で総合的な対策をまとめていきます。

※第1回会合のBLOG記事は >>>こちらから
 第2回会合のBLOG記事は >>>こちらから
 第3回会合のBLOG記事は >>>こちらから

※「若者の政治参加検討チーム」メンバー
小倉将信 衆議院議員
小林史明 衆議院議員
佐藤 啓 参議院議員
鈴木憲和 衆議院議員
鈴木隼人 衆議院議員
宮路拓馬 衆議院議員
村井英樹 衆議院議員
山下雄平 参議院議員

あわせて読みたい

「選挙制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  8. 8

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。