記事

眞子さま婚約へ

秋篠宮家の長女眞子さま(25歳)が、国際基督教大学(ICU)時代の同級生だった小室圭さん(25歳)と婚約されることが、昨日16日わかりました。

宮内庁の山本長官が明らかにしました。

このところ暗いニュースが多かったので、うれしいニュースに、テレビも新聞も、お祝の声であふれています。

小室さんは、東京都内の法律事務所に勤務し、一橋大学の大学院にも通っている、とのこと。

勤務先の前には、おおぜいの報道陣がつめかけて、まだあまり内容を話せないのにマイクを向けられ、お気の毒でした。

小室さんは、学生時代に地元をPRする「海の王子」として活動していた、ということで、友人の話でも英語が堪能で、誰とでも気さくに話ができる、爽やかな青年のようです。

お二人は、約5年前に友人を介して知り合い、その約1年後にはプロポーズを受けた、と報じられていて、それから騒がれることもなく愛を育んで来ました。

都内や小室さんが住む神奈川県内でデートを重ね、秋篠宮ご夫妻も公認の中、とのこと。

これから結納にあたる納采の儀など、ご結婚まで多くの儀式があります。

是非、静かに見守ってあげてほしいと思います。

眞子さまと小室さんは、ともに海外留学の経験があり、スキーが上手など、共通のことが多くあり、よい家庭を築かれることと思います。

心からお祝いしたいのと同時に、今後の皇室のことを考えると心配になります。

皇室典範では、女性皇族は、結婚後に皇籍を離れる規定になっています。

眞子さまが結婚されると民間人になり、皇室は19人から18人に、女性皇族は14人から13人になります。

国会での天皇陛下の退位のための特例法案の議論でも、結婚後も女性皇族が皇室に残る「女性宮家」も焦点になっていますが、与野党で意見が分かれています。

民主党政権の時に、女性宮家の論点整理をしましたが、保守層に支持されている安倍政権になって、全く議論されていません。

皇室をより大切に考える保守層の人達こそ、今後の皇室の存続のために、どうしたらよいか考える必要があると思うのですが。

皇室では、男性は天皇陛下、皇太子さま、秋篠宮さま、悠仁さまの4人だけで、女性天皇や女系天皇についても、私は認めるべきと、NHK解説委員の時も国会議員の時も主張してきました。

多くの国民が大事に思っている皇室が持続していくように、国民全体で考えていくことが喫緊の課題であることを、眞子さまのご結婚が、改めて感じさせてくれています。

あわせて読みたい

「女性宮家」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  6. 6

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  8. 8

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  9. 9

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  10. 10

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。