記事

仮想通貨バブルすごすぎ。ビットコインの時代は終わり、リップルの時代がやってくる(のかもしれない)。

5年後くらいに見たら「すごい時代だったなぁ」と振り返れそうな記事を書きます。


リップルがついにビットコインを抜いて首位。

仮想通貨といえば「ビットコイン」ですよね。たぶん日本人のそこそこの割合の人が知っているはず。

でも、ビットコインはもう「第一位」じゃなくなったんです。

つい先ほど、ビットコインの時価総額を、リップルが抜きました。


リップル?なにそれ美味しいの?高知にリープルってあるけど、似たようなもの?

リープルは美味しい飲み物ですが、リップルは仮想通貨の一種です。

特殊な仮想通貨で、投資している人の大半はよく理解していないはず!まぁ、バブルってそんなものですよね。ぼくもよくわかりません!


ざっくりと「リップル」について説明すると、まず「国際送金に使われる技術」という側面があります。

「リップル」は決済システムの一種だと理解すればいいでしょう。すでに、大手の銀行なんかもリップルの技術を使って送金実験していたりします。


んで、ややこしいことに、通貨の「リップル(XRP)」が国際送金に使われるかどうかは、まだよくわかっていません。使われる可能性は高いと思われますが、そうならない可能性もまだまだ残されています。


2017年5月時点では、決済システムとしての「リップル」は大いに期待できるけど、通貨の「リップル(XRP)」はバブル的に評価が高まっている懸念がある……という感じですね。

ぼくは今のバブルには懐疑的なので、少し前に手放してビットコインに買えました。相場に縛られるの嫌ですから……。

けんすうさんも買ってたんですね。


ちなみに相場的には「3ヶ月で100倍」になってます。ということは、100万円が3ヶ月で1億円に……。どへぇ。


そしてジェットコースターw


国内サービスでは「coincheck」を使えば、リップルを購入できます。これから始める勇気ある方はどうぞw

画像を見る

ちなみにぼくはリップルではなく「ネム(XEM)」に淡い期待を寄せて、「Zaif」でコツコツ積み立てております。

画像を見る

関連記事:仮想通貨への投資を始めよう。ぼくが実践する「低リスク」な始め方を解説。


仮想通貨は今後間違いなく普及する技術なので、後学のためにちょっと買ってみるといいでしょうね。

投資の手段としては……せいぜい予算の10%にとどめておくべき商品だと思います。こちらもどうぞ。

関連記事:100万円から始めよう。20代〜30代からの、かんたん資産運用。

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  4. 4

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  8. 8

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。