記事

サイバー攻撃、米国に責任の一端=中国国営メディア

[北京 17日 ロイター] - 中国国営メディアは、世界的なサイバー攻撃を巡り、米国が脅威を阻止するための努力を妨害したと批判、米国に責任の一端があると報じた。

大手英字紙のチャイナ・デーリーは、米国家安全保障局(NSA)は一定の責任を負うべきだと主張。「サイバー犯罪に対する取り締まりに向けた協調行動は、米国の行為によって妨害された」と報じている。

サイバー攻撃は、マイクロソフト<MSFT.O>の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」のぜい弱性を突いたもので、マイクロソフトによると、4月に流出した米NSAが開発したツールが基になっているという。

あわせて読みたい

「サイバー攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  3. 3

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  4. 4

    田原氏 取材者がTVで訴える意義

    たかまつなな

  5. 5

    管楽器が演奏できるマスクが発売

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    反体制派を一斉弾圧 中国の狙い

    ABEMA TIMES

  8. 8

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  9. 9

    日本企業は本社を地方に移転せよ

    川北英隆

  10. 10

    英王室兄弟の仲を引き裂いた一言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。