記事

起業は難しいことではなく社会の"穴"を見つけるだけのこと。危機を単なるリスクでなくビジネスの可能性と捉えるべき - 「賢人論。」第38回藤野英人氏(中編)

1/2
「賢人論。」第38回(中編)藤野英人さん「起業は難しいことではなく社会の“穴”を見つけるだけのこと。危機を単なるリスクでなくビジネスの可能性と捉えるべき」

日本株投資信託「ひふみ投信」のファンドマネジャーとして、ビジネスの第一線で活躍する藤野英人氏。前編「いくら“公”が縮小していても、“民“は熱くなることができる。民間が社会を作っていく感覚が日本には足りない」で、いまの日本に足りないものは「民間の主体性」と「知恵と勇気」であると指摘した。中編では、社会を補填・形成していく行為としてのビジネスを、その本質から語った。

取材・文/佐藤 舜(編集部) 撮影/公家勇人

起業は難しくない。空いている「穴」を見つけるだけのこと

みんなの介護 前編「いくら“公”が縮小していても、“民“は熱くなることができる。民間が社会を作っていく感覚が日本には足りない」では、民間が社会課題の解決に取り組むことに対し、私たち日本人はもっと寛容になるべきだというお話を伺いました。言い換えれば、社会課題を解決することこそがビジネスの使命である、ということにもなりそうですね。

藤野 すべてのビジネスは「穴」を発見することだと思うんです。

みんなの介護 穴?

藤野 例えば起業というのは、何もないところから「大きな塔を建てる」イメージだと思われがちなんです。でも、それは違います。私は仕事柄いろんな起業家を見ていますけれど、塔を建てたというより「穴を埋めた」人のほうが多いんですよ。「なんでこんなところに穴があるんだ?これを埋めたらもっとスムーズに通れるのになあ。それならいっそ、自分で埋めちゃおうか」という感じでね。余っているところから砂を持ってきて、スコップを持ってガサッと入れていく。これが起業というものの本質だと思うんです。

みんなの介護 穴、つまり社会がもつ欠陥を見つけて、補填する。そういう見方ができれば利益にもつながりやすそうですし、結果的に社会課題も解決して、みんながいい思いをしますね。

藤野 もうひとつはね、起業=難しいというイメージも減りますよね。何もないところから塔を建てるとなると大変に感じますが、穴を見つけて砂を入れる、ならば気が楽でしょう。介護だとか医療だとか、福祉関係のところは穴だらけだと思うんですよね。制度そのものの穴もそうだし、需要の多様化による穴もそう。埋められる余地はたくさんあります。需要というものは、穴が空いているところに生まれるものですからね。

みんなの介護 介護の現場における大きな「穴」として、ひとつには介護職員不足という問題があります。

藤野 介護もそうですし、それより前にパニックが起きるのは「癌」ではないでしょうか。もう3~4年も経つと、癌患者が爆増すると考えられています。団塊の世代が癌世代になっていくからです。団塊の世代は母数が多いですから、「団塊の世代の人数」×「癌罹患率」という掛け算で、癌患者が爆増することはわかるわけです。

みんなの介護 そのとき初めてみんなが気付いて、パニックが生じてしまう。

あわせて読みたい

「起業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。