記事

英CPI、4月は前年比+2.7% 13年9月以来の大幅上昇

[ロンドン 16日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が16日発表した4月の英消費者物価指数(CPI)は前年比2.7%上昇し、2013年9月以来の大幅上昇となった。伸びは、ロイター調査による市場予想の2.6%も小幅ながら上回った。

昨年の英国の欧州連合(EU)離脱決定以降のポンド安や、原油価格の上昇を背景に、英国でのインフレは最近数カ月加速している。イングランド銀行(英中央銀行、BOE)は11日、「賃金が物価に追いつかず、所得の実質の伸びはマイナスとなるなど、家計にとっては一段と厳しさが増すだろう」との見方を示した。

ただ、国内経済が過熱化していることを示唆するものはほとんどなく、金融政策委は7対1で市場予想通り、政策金利を0.25%に据え置くことを決定した。

4月のインフレ指標は、復活祭休暇中に航空運賃が上昇したことにより押し上げられた。衣料価格、自動車税、電気料金も消費者物価の上昇につながった。

エコノミストは、ポンド安による影響が今後数カ月でより顕著になると指摘。CPIの伸びは3%台まで上昇し、その後低下するとの見方が多い。

石油など振れの大きい品目を除いたコアCPIは2.4%上昇と、エコノミスト予想の2.2%を上回る13年3月以来の大幅な伸びとなった。

中銀が国内の物価上昇圧力につながるものとして注目しているサービスの価格は3.0%上昇し、13年9月以来の大幅上昇となった。ただこれは、航空運賃の上昇が主因とみられる。

消費者物価に対する将来の圧力を示す工場出荷価格は3.6%上昇と、3月と同じだった。市場予想の3.4%上昇は上回った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  6. 6

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  7. 7

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  8. 8

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。