記事

【読書感想】セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争

1/2
セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(上)

セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(上)

セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(下)

セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(下)


Kindle版もあります。

セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争(上) (早川書房)

セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争(上) (早川書房)

セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争(下) (早川書房)

セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争(下) (早川書房)

内容(「BOOK」データベースより)
弱小企業セガは、巨人・任天堂をいかにして打ち破ったのか?ソニー・ピクチャーズ映画化予定の傑作ビジネス・ノンフィクション!1990年、任天堂はアメリカにおける家庭用ゲーム機市場の90%超を握る圧倒的な存在だった。一方、セガは大いなる野心を秘めた注目株だったものの、アーケードゲーム専門の中小メーカーにすぎなかった。だが、トム・カリンスキーがセガ・オブ・アメリカのCEOに就任したのを機に、潮目が変わりはじめる―。「チーム・カリンスキー」が次々に繰り出す常識破りの奇策は、セガと任天堂の間に莫大な収益をめぐる「仁義なき戦い」を引き起こした。ソニックとマリオ、日本とアメリカがにらみ合い、家庭から米連邦議会に至るまで、あらゆる戦場で繰り広げられた激闘の行方は?600億ドル産業を生み出した企業戦争の内幕に、200人を超える取材で迫る痛快群像ノンフィクション。


 1990年代のアメリカにおける、セガと任天堂の戦いを関係者への綿密な取材で描いたノンフィクション。映画化も予定されているそうです。
 日本では、プレイステーションの登場まで、家庭用ゲーム機の市場は、ほぼ任天堂「一強」で、それに対するゲームマニアの砦のような感じで、メガドライブ(アメリカでは「ジェネシス」)やPCエンジンなどが存在していたわけですが、アメリカ市場では、この「ジェネシス」が、任天堂のスーパーファミコンよりも売れていた時期があったのです。
 日本では苦戦続きだったジェネシスを、彼らはどんな戦略でアメリカで売ったのか、そして、任天堂はそれに対して、どう対抗したのか。セガは覇権を握ったように見えたにもかかわらず、なぜ、急速にシェアを落としていったのか。


 物語は、セガ・オブ・アメリカ(SOA)の社長に、マテル社でバービー人形を世界的ヒット商品にしたトム・カリンスキーさんが就任するところからはじまります。
 彼のもとに、個性的な人材が集まり、セガは5年間でアメリカの市場占有率を5%から55%にまで伸ばすことに成功したのです。
 同じ時期に、日本のセガ(セガ・オブ・ジャパン:SOJ)は任天堂にずっと歯が立たなかったのに。


 この本は、ゲームやハードの開発者ではなく、できあがった作品をいかにして売るか、というマーケティングに携わる人々の視点から主に書かれています。
 「弱者」であり、「挑戦者」であったセガは、絶対王者・任天堂の戦略を利用し、「任天堂が、任天堂らしくあるために、できなかったこと」をやってみせ、アピールしていきます。


 アメリカ側からみると、SOAとSOJの間には、ずっと「埋めがたい溝」があったようです。
 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のソニックのデザインについて、アメリカ側から修正案が出た際、日本側はそれを突っぱね、元の案に戻そうとするのです。

 この時、カリンスキーは初めてあることに気づいた。それは、セガ日本本社とセガ・オブ・アメリカはセガという同じ傘の下にありながら、基本的に二つの異なる企業だという事実だった。SOJにとって新しいハリネズミの方が優れているかどうかは問題ではなかった。問題はそれが自分たちのハリネズミではないことなのだ。日本本社とアメリカ法人の間には微妙なレベルとはいえ、確実に摩擦が生じていた。そして、それは『サージェント・カブキマン』の時とは比較にならないほど深刻な問題をはらんでいた。


 その後も、日本側は、より大きな業績を上げているはずの(だからこそ、なのかもしれませんが)SOAの方針に、異議を唱え続けていきます。
 まるで「日本人以外には、面白いゲームをつくれない」と考えているかのように。

あわせて読みたい

「任天堂」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  3. 3

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  4. 4

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  5. 5

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

  6. 6

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  7. 7

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  8. 8

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

  9. 9

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  10. 10

    「またも看板キャスターが降板」NHKは"忖度人事"をいつまで続けるのか

    PRESIDENT Online

    02月25日 22:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。