記事

日産西川社長に託された「世界シェア8%」

日産自動車の社長兼CEOに就任した西川廣人さんによる、初の決算発表の記者会見が行われました。

画像を見る
※社長に就任後初めて決算会見に臨む西川さん

日産自動車が11日発表した2017年3月期の連結決算は、売上高が前の期と比べて3.9%減の11兆7200億円、営業利益が前の期と比べて6%減の7422億円でした。世界販売台数は4%増の562万台と伸びましたが、為替の影響や販売・マーケティング費用の増加が利益を押し下げました。

同時に発表した2018年3月期の業績予想は、売上高0.7%増の11兆8000億円、営業利益7.7%減の6850億円を見込んでいます。

また、前期を最終年度とする中期経営計画「パワー88」が目標としていた営業利益8%、世界シェア8%は未達となりました。

「事業規模を3~4割拡大し、世界各地に事業基盤となる拠点を拡大できた。次の6年間の新しい中期計画を進めるうえで、大きな基礎になったと評価している」と、記者会見した西川さんはコメントしました。

新しい中期計画は、三菱自動車やルノーとのアライアンスのシナジーを検証したうえで、今年度後半に発表される予定だということです。

画像を見る
※日産グローバル本社

「世界シェア8%は次の6年間の新しい中計で到達したい」と、西川さんは語りました。
16年度実績で6.1%だった世界シェアを、次の6年で世界シェア8%にするには、いかなる戦略が必要か。日産はすでに青写真を描いています。世界シェア8%のカギは、中国の販売台数を伸ばすことです。

ご存じのように、中国は現在、米国を抜いて世界最大の自動車市場です。日産の16年度の中国における販売台数は、8.4%増の135万5000台でした。

「今後6年間で中国市場のシェアを5%から8%に上げることができれば、グローバルで8%のシェアを確保できます」と西川氏はコメントしました。

西川さんの会見での発言からもわかるように、とにかく目標を数値化するのが“日産流”です。

画像を見る
※決算発表会見の会場

組織のメンバー全員が目標に向けてベクトルを合わせ、確実に自分の役割を果たすには、「数値化」は欠かせない。とりわけ、グローバル企業では必須です。

ルノー・日産アライアンスに三菱自動車が加わったことで、3社の世界販売台数は996万台になりました。これは、トヨタ、フォルクスワーゲン、ゼネラル・モーターズに匹敵する規模です。

日産、ルノー、三菱自動車が世界トップ3に喰い込むには、日産は何としても「世界シェア8%」に到達しなければいけない。

「世界シェア8%」は、西川さんがゴーンさんから託された必達目標といえるでしょう。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  6. 6

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。