記事

インタビュー:緩和策長期維持、拙速解除より安全=ECB副総裁

[フランクフルト 11日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁は、金融緩和策を長く維持することが、景気が再び悪化する事態を回避する安全な方策とし、秋まで政策変更に関する決定を見送る公算が大きいことを示唆した。ロイターのインタビューに応じた。

副総裁は「緩和策を長く維持することは、時期尚早な刺激策の解除よりもリスクが少ない」とし、「われわれはインフレが目標に向けて持続的に回帰すると確信する必要がある」と述べた。

発言を受けて、ユーロ/ドル<EUR=>は一段安となった。

ドラギ総裁、プラート専務理事も同様の見解を最近示しており、ドイツなどから緩和解除を求める声が強まる中、ECB専任役員会のハト派メンバーが結束を固めている様子がうかがわれる。

ECBは月額600億ユーロの資産買い入れを12月まで継続し、その後も金利を低水準に据え置く方針を示している。コンスタンシオ副総裁は「われわれは12月まで政策にコミットしていると明確に示しているため、次の行動は自然と秋に決めることになる」と述べた。その頃までには一段の情報が得られているとした。

ユーロ圏の景気回復は勢いを増しているほか、インフレ率も1%を上回る水準に加速。ワイトマン独連銀総裁ラウテンシュレーガー専務理事らタカ派は、緩やかな引き締めを主張している。

だがコンスタンシオ副総裁は、コアインフレ率の上昇と賃金の伸び拡大を確認する必要があると話す。

「われわれは、成長に対するテールリスクは後退したと認識している」とし、「インフレについては中期目標に達するため、その持続可能性、かつ国内にインフレ押し上げ要因が存在することを確信する必要がある」とした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  9. 9

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。