記事

幼すぎる組織犯罪対策の国会議論

1/4
警察で長年、国際的な捜査協力に実際に取り組みこれからの協力の在り方について知恵をしぼってきた。
TOC(国際組織犯罪防止条約)の構想には最初から関与し条文の草案段階では起草にも加わった。
この十数年、国会での議論を見つめてきたが、構想の最も肝の部分が見向きもされていない。そして重箱の隅を突く様な書生っぽい議論を延々と続けており、残念で仕方がない。
野党やマスコミの突っ込みも的を射ていないが、そもそもは政府や法務当局の説明が国民に理解してもらう視点に欠けている。
遅すぎたかもしれないが、捜査実務と法規制と国際協力のいずれにも当事者として関与してきた人間として、組織犯罪対策の国際協力で何が今問題なのか、簡潔に整理してみたい。
 
1現代では犯罪者の大半は何らかの意味で組織犯罪関係者であり、今や犯罪対策は組織犯罪対策である。
数の上では、薬物中毒など依存症の犯罪者や精神に何らかの異常を抱えて犯罪を犯す人も多い。しかし、これらの人々は単純に犯罪対策(刑事政策)の対象というよりも、むしろ医療や福祉など社会政策の視点から十分な予防施策を講じるべき対象である。
刑法・刑訴法など刑事法体系(刑法理論)は、依然として「貧しきが故にパンを盗む」「愛憎によって人を殺める」ような化石のような古典的犯罪者を念頭に組み立てられている。結果、刑事裁判制度、警察検察矯正の組織・人的資源の配置が、私の眼からは、犯罪予防や再犯防止などの犯罪対策に殆ど寄与していない。
 
⒉組織犯罪対策が犯罪対策のメインとなるにつれて、その内容は大きく変わり、今や「合法組織(当局)」対「違法組織(組織犯罪)」のあくなき戦いの様相である。
具体的にはまず、組織犯罪の資金源が取締りの主たる対象に変わった。これを叩かなければ、現象事件をいくら取り締っても組織犯罪を弱体化できない。マネロン対策がメジャーな柱となったのはこの為である。
アセット・フォーフェチャー(犯罪収益の没収)やアセット・シェアリング(没収犯罪収益を関係捜査機関が分配する処分)など、わが国では未だなじみが薄い手法まで前世紀末までに国際的に一般化した。
他方で、電話傍受、潜入捜査(UCO)、おとり捜査、証人保護プログラム(WPP)、コントロールドデリバリー(CD)などは、昔はスパイ組織の取締りに当たる公安情報機関の専売特許だった。それが次第にテロ組織の取締りにも導入されるようになり、今ではこうした捜査手法を犯罪捜査機関でも必要とする時代になった。わが国では、法整備も手法の熟練も前世紀末からあまり進展がないままである。この辺りは、議論を深めるために刑事法学者、国会議員、弁護士の方々にも、比較的最近(1990年代以降)のアメリカ映画を見て頂きたい。
新たな捜査手法の多くは、実は、情報収集手段である。一回きりの現象犯罪を取り締まるのではなくて「組織」自体を叩くためには、日ごろから組織内部の解明が何より重要になってくる。収入源となる犯罪の手口や犯行計画が分からなければ、合理的な取締りの方針も立てられない。
国会では、立法の目的がテロ対策なのかそれ以外の犯罪も対象にするのか的な議論が続いている。この答えは、組織を作り、資金源を有し、繰り返し犯罪を起こす実体であれば、テロ組織からドロボー集団まで様々な形態の組織犯罪が例外なく含まれると言うだけのことであろう。
そしてあくなき違法組織との戦いの過程では、組織犯罪(犯罪結社)への参加自体を「違法」とみなすことが常識となっている。
 
⒊前世紀末に始まる犯罪対策の変容は、1989年の東西冷戦の終結と結びつく。冷戦終結後は、旧共産圏の諸国も自由主義体制の諸国も等しく、組織犯罪が最大で共通の「敵」になった。

あわせて読みたい

「組織」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  3. 3

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  4. 4

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  5. 5

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  6. 6

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  7. 7

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

  8. 8

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  9. 9

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  10. 10

    中村医師「裏切られても憎まず」

    小沼 大地

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。