記事
  • S-MAX

楽天、防水対応の電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O Edition 2」を発表!新ライト技術搭載でブルーライト自動調整可能に――日本では「Kobo Aura Edition 2」とともに5月23日に発売

画像を見る

楽天が電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O Edition 2」を発表!

楽天グループのRakuten Koboは2日、新たな電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O Edition 2」を発表しています。日本やカナダを含む世界11カ国でカナダ時間5月22日(月)より販売するとのこと。

日本では5月23日(火)午前10時00分から販売開始し、価格は18,500円(税抜)を予定。その後、販売エリアを拡大し、2017年末までには計17カ国での販売を予定しているということです。

また日本では同5月23日より海外で先行販売している軽量デザインの電子書籍リーダー「Kobo Aura Edition 2」の販売も開始し、価格は12,800円(税抜)。

リンク先を見る
Kobo Aura H2O Edition 2

Kobo Aura H2O Edition 2は、日本では2014年10月に発売された防水対応電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O」(一般販売は2015年2月から)の後継機種で、より進化した防水機能「HZO Protection」や読みやすさを追求したフロントライト技術「ComfortLight PRO」を搭載しながら同一価格を実現したモデルです。

夏場の水辺や就寝前にも安心して利用できるように生まれ変わったとのこと。防水性能はIPX8準拠で、水深2メートルで最大60分間の耐久が可能な防水性を備えており、本体内部に塗布されたコーティング技術によってUSB端子のカバーなしに浸水に耐えることができ、入浴中やプールサイドでも安心して利用可能となりました。

またComfortLight PROは、昼間の読書に適した明るい白色の昼光色からブルーライトの放出量を調節し、就寝前の読書に適したオレンジ色の電球色まで調節が可能で、就寝時間を設定するとその時間に合わせて太陽光の自然な移り変わりを模倣した色相調整も行います。

ディスプレイは約6.8インチ1080×1440ドット電子ペーパー「Carta E Ink HD」タッチスクリーン(約265ppi)で、Kobo Aura H2Oの約9.7mm・約233gより薄く軽くなり約8.8mm・約207gとなりました。サイズは約172.0×129.0mm。

内蔵ストレージは8GBで、テキストベースの書籍約6000冊分またはコミック約120~300冊分を保存することが可能。また、バッテリーが数週間持続するので旅行や外出先などでもいつでも気軽に読書を楽しむことができ、文字のハイライトやメモの書き込み、内蔵辞書での検索など読書サポート機能も兼ね備えています。別売りのアクセサリーとして専用カバー(ブラック)が3,480円(税抜)で販売されます。

Kobo Aura Edition 2は軽量モデルで、約6インチ768×1024ドットCarta E Inkタッチスクリーン(約212ppi)を搭載し、サイズは約155×111.0×9.0mm、質量は約180gとなっています。内蔵ストレージは4GBで、フロントライト「ComfortLight」を搭載し、別売りの専用カバー(ブラック/ レッド/ ブルー)が3,480円(税抜)で販売されます。

リンク先を見る
Kobo Aura Edition 2

記事執筆:memn0ck

あわせて読みたい

「Kobo」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    吉村知事は野球大会を開催すべき

    赤木智弘

  4. 4

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  5. 5

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  6. 6

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  7. 7

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  8. 8

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  9. 9

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  10. 10

    日本人の外貨運用に間違い2つ

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。