記事

学校の先生 なぜ休憩とれない? 「教師の一日」労基法の休憩 記載されず

2/2

■「とっていない」「知らない」そして「知らされていない」

イメージ

ここで、「教師の一日」に細かく言及している、複数の自治体の初任者研修用資料[注]に目を転じたい。すると、資料に示されている「教師の一日」には、どうにも休憩時間の記載が見当たらないのだ。

たとえば埼玉県教育委員会の「平成29年度 教師となって第一歩」には、「教師の一日」の例として、出勤/職員集会/児童生徒集会/朝の会/授業/授業のない時間/休み時間/給食指導/清掃指導/帰りの会/放課後/会議等/出張(旅行命令)/退勤の、計14項目の仕事内容が、3ページにわたって詳細に説明されている。

まずもって、「教師の一日」の14項目に、「休憩時間」はない。そして、休憩時間を確保しうる「休み時間」「給食指導」「授業のない時間」「放課後」には、さまざまな職務内容が記載されているのみである。

その一部を抜粋すると、「休み時間」には「教師として次の授業の準備をする一方、児童生徒に優しい心とゆとりをもって接すること」、「給食指導」では「会食の楽しさを増すために、机の並べ方を工夫したり、教師がグループの中に入ったり、話題を考えたりする」、「授業のない時間」には「教材研究や次の授業の準備、テストの処理、学級事務、欠席者の家庭への連絡など」、「放課後」には「補充的な学習、さらには、生活や進路などの教育相談」にくわえて「職員会議、学年会、校内研修会、教科部会など」がある。いずれの時間帯にも、「休憩をとりリフレッシュしましょう」といった旨の記載は見当たらない。

教員の休憩時間は特殊なのだから、初任者の先生たちには丁寧な説明が不可欠である。だが、「教師の一日」にはさまざまな仕事が並べられるだけで、休憩時間をとる機会は「知らされていない」。

■学校現場に法律を

「教師の一日」の例(群馬県教委『子供とのふれあいを求めて』に掲載の複数頁にわたる図を集約)
「教師の一日」の例(群馬県教委『子供とのふれあいを求めて』に掲載の複数頁にわたる図を集約)

埼玉県の資料は、ほんの一例にすぎない。群馬県教育委員会の初任者研修用の資料においても、「教師の一日」の例が15項目、2ページにわたって紹介されているが、やはりその流れのなかに「休憩時間」は記載されていない。

埼玉県や群馬県以外にも、さらにいくつかあげることができるが、同じことのくり返しになるため、ここまでにしておこう。それらの資料ではしばしば、労基法第34条(労働時間と休憩時間の規定)に類する文言が掲載されていることはある。ただそれは基礎情報として、資料の片隅に掲載されているにすぎない。いざ具体的な「教師の一日」の流れになると、休憩時間に関する記載は見当たらない。

教員の休憩時間は、お昼にとればよいという単純なものではない。それだけに休憩時間については丁寧な説明が要請される。ましてや初任者に対しては、なおさらのことである。

それにもかかわらず、お昼(給食や生徒の昼休み)はもちろんのこと放課後も、さまざまな職務内容が示されているだけである。これでは、教育行政が労基法違反を推奨しているようにさえ見えてしまう。

教員が休憩時間を「とっていない」「知らない」ことの背景には、休憩時間がいつ設定されうるのかを教育行政から「知らされていない」という実態がある。

「無法地帯」の学校現場には、法律の知識が必要である。それを伝えるのは、教育行政の仕事だ。教員がみずからの境遇を知って、それを言語化する。そのプロセスを経て、学校内部から声が上がり始めたとき、教員の働き方改革は一気に加速していくはずである。


【教員の働き方改革 関連記事】

●中学校教員の8割が月100時間超の残業 働き方改革「上限規制」の対象外[2017年4月28日]

●教員の出退勤 9割把握されず 労務管理なき長時間労働[2017年4月23日]

●「休憩できない」 教員の一日[2017年3月26日]

●学校の先生に夏休みはある?[2015年8月20日]

  • 注:初任者研修用の資料は、はじめて教職に就く者に対して、職務の全体像が詳細に説明されている。さらにそうした資料は、多くの教育委員会がウェブ上に公開しているため、複数地域の状況を検討することができる。
  • 本文中のイメージ写真は、「無料写真素材 写真AC」より入手した。


※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「教員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  3. 3

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  4. 4

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  5. 5

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    安倍首相だけを批判する朝日の罪

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    深い憂慮 維新が香港に公式声明

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    悪質キャンセル逮捕が与える影響

    東龍

  9. 9

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  10. 10

    桜を見る会 偽造招待状で参加か

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。