記事

アニメ『銀魂』政治家の圧力で放送中止ってマジなんすか?

政治やら権力者への風刺が利いている国といえばイギリスが一番最初に想い浮かぶのですが、世の東西を問わず、政治家というのは一般庶民やマスコミにおちょくられてしまうのが世の常で、イギリス国内で同様の事したらどんな扱いになるのか気になるところ。

マスコミ側の取り上げ方が風刺のレベルだったり、単なるネタ、はたまた聞くに堪えないレベルの話なのかはいろいろあったりするわけで、株式会社 エー・ティー・エックスが番組購入元のテレビ東京からの要請により放送権が行使出来ないということで放送を中止したアニメ番組『銀魂』

リンク先を見る

緊急:11/15(火)、11/18(金) 『銀魂』第232話 放送休止のお知らせとお詫び | AT-X ワンランク上のアニメ専門チャンネル via kwout

本当に政治家からの圧力が本当にあったのか現時点では判明していないと思われますが、実名でいろいろいじってるのをチャレンジャーな事するな〜と思いながら、自分はたまたまこの回、息子が録画してたのを夕飯の時に見ながら思ったのでした。

どういうところで線引きして、こういうネタが適切、不適切って判断するのか大変難しいところですけど、ここ最近は週刊新潮の記事について橋下徹氏がTwitterで記事を書いた人間の個人名を挙げ醜聞情報提供を求めたり、今回の件ではその政治家の事務所名義のTwitterアカウントが『銀魂』の監督フォローしてるってこれまたソーシャル時代ならではの展開が繰り広げられており、

一昔前であれば、一方的にマスコミ側が報じるだけで、個人としてそこに対抗することは無理でしたけど、Twitterやブログを通じてまず自分の意思を表明することは出来る時代ですから、

ここからは仮定ですが、それなりの権力を持っているから、圧力かけてまず放送禁止にしてしまうのが先手として有効なのか?

はたまたブログなりTwitterでこういう取り上げ方について製作者の意図を確認するステップを踏むことも出来る時代って考えると、一概にどっちが良いとは言えないですが

アナログ時代で色々な事がある意味なぁなぁで済ませる事が出来た時代と、いまやデジタル管理で震災があってもデータ保全されるようなシステムが稼動していて、インターネット向けに発信した情報は、その人のどんな時代(有名になる前とか後とか関係なく)のモノであっても検索エンジンから辿ることが出来たりするわけで、それなりの立場にある人たちはマスコミ対策と同等にインターネット施策やソーシャルメディア対策が重要な時代になっている事だけは確実だよな…と

でも放送中止の本当のところ、どうなんでしょうね?

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  9. 9

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  10. 10

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。