記事

F−15墜落:猛訓練に危険はつきもの

1/2
5日午前10時半ごろ、航空自衛隊那覇基地・第83航空隊第204飛行隊所属のF15J戦闘機1機が訓練中、那覇の北西約180キロの東シナ海上空で墜落し、F15Jの飛行時間が約1700時間のベテランパイロット・川久保裕二3等空佐(37)が行方不明になっている。
「空自は墜落直前に何らかのトラブルがあったとみて原因究明を急ぐ。領空侵犯の恐れがある外国機への緊急発進(スクランブル)を除きF15Jの訓練も当面見合わせる」そうだが、この周辺海域は、中国のガス田などが点在する緊張した海域であり、もちろん海上には艦艇や漁船なども遊弋している。川久保3佐の生還を祈りたい。
リンク先を見る

≪沖縄の位置≫
リンク先を見るリンク先を見る
≪中国ガス田上空を飛ぶ海自のP3Cとリグ=中国軍事雑誌から≫

東日本大震災では10万を超える仲間たちが被災地に集結して大々的な活動をした。空自は松島基地が被災し、虎の子の戦闘機など28機が被災、戦闘機操縦教育も困難な中、一瞬たりとも≪領空侵犯≫対処はゆるがせにできない。その上老朽化したF4後継機選びも進展していない。空自は多難な環境下におかれているが、猛訓練に危険はつきもの、この世に≪絶対安全≫なんて存在しないことを肝に銘じて乗り越えてほしい。

レーダー電波しかとらえていない天空の果てで、何が原因なのかは不明だが、貴重な戦士を失うことは国家にとって大きな損失であるが、これは誰かがやらねばならない仕事、空自の使命でもある。

それにしても自衛隊最高指揮官たる菅総理の去就は、身内からも批判が出るなど、全学連時代のゲバ学生以下の闘争に明け暮れている。
原発稼働問題にしても、総理と各大臣との意思疎通は全くないらしく、「再開」、「点検」などなど、でたらめ内閣の醜態をさらしているが、一番困っているのが原発を抱える地方自治体と、電力に危機感を抱いている国家基幹産業だろう。
この末期的現象を遠目に見ていると、なんとなくヒトラー末期に似ているような気がする。

ノルマンジーから米軍主体の連合軍に攻め込まれ、東からは勢いを取り戻したソ連軍がベルリンに迫る。全方向から敵を受けて、ドイツ軍首脳はその対処に追われたが、最高指揮官たるヒトラーの“狂気”が真っ当な軍事作戦を妨害する。
そしてベルリンは陥落した…。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  9. 9

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  10. 10

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。