記事

ヒカキンの過酷な生活にネット唖然 ほぼ不眠状態で1日5本動画制作「想像以上にハードすぎる」

ユーチューバーは子どもたちにとって、今や1つの職業として認識されている。ゲーム実況や商品紹介、「やってみた」などの動画を投稿して生計を立てる姿が、楽しくお金を稼げると映るようだ。収入も、トップレベルになれば年収は数千万、数億円とも言われており、夢のある仕事である。

こうした中、人気ユーチューバーのヒカキンさんが4月29日、自身の仕事風景を公開し、話題を呼んでいる。

徹夜明けでも「今日は青鬼2の校長編のリリース日なので」

「好きなことして、生きていく」ための努力は壮絶です

動画は、午前2時48分から次の日の午前2時48分まで丸一日を追ったもの。当日はテレビ生出演のために朝5時半にスタジオ入りしなければならず、「寝坊で遅刻したら終わるので」と仮眠を1時間だけとって徹夜を決めたそうだ。

ここから怒涛の1日が始まる。

午前4時までに動画を1本編集。朝食を摂り、5時に家を出てテレビに出演し8時半に帰宅すると、洗濯やゴミ出しなどの家事を遂行する。正午から2本目の動画撮影・編集・公開を終えた時点で時刻は17時55分を回っていた。

そろそろ休憩かと思いきや「今日は青鬼2の校長編のリリース日なので」と、18時から3本目のゲーム実況動画の作成に取り掛かり公開。19時45分には「今日20時からモンストの新しいステージなので」と、休む間もなくまた実況動画の撮影に移った。

20時33分に撮影を終え、夕食の買い出しと気分転換のマッサージを済ませたところで既に時刻は午前0時を過ぎている。外出前に撮ったゲーム実況動画の編集と24時間密着動画の編集をし、やっと一日の仕事が終了だ。この日撮影・編集した動画は5本になる。

「テレビの生出演以外の撮影編集はほぼ毎日ずっとこんな感じ」

動画を見た人からは、仕事量や忙しさに驚く声が相次いでいたが、健康状態を気にかける声も同じくらいある。

「食生活というか生活自体が不規則でとても心配です」
「これマジでしんどいんだろうな、コーヒーの量がヤバすぎる」

部屋にあるのは、ブラックコーヒーとビタミンドリンクの缶が詰まったゴミ袋の山。朝ご飯は「最近こればっかり食べている」というコンビニのサラダチキンに、納豆や野菜ジュース。これで心配にならない方が難しい。

毎日徹夜な訳ではないが、「テレビの生出演以外の撮影編集はほぼ毎日ずっとこんな感じ」だとヒカキン氏は動画の中で語る。

「毎日逆算して生活してるんですよね。明日の4時までにこれを終わらせなきゃいけないから、この時間に仮眠してこの時間に起きるとうまくいく、みたいな。それを毎日繰り返しています」

コメント欄では「ユーチューバーって楽しそうって思ってたけど こーゆう動画見てたら1番しんどいかもしれんと思った」など、認識が改まった人もいるようだ。

憧れの仕事の舞台裏が明らかになった今回の密着動画。小学生達はどう受け止めたのか、気になるところだ。

あわせて読みたい

「YouTube」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。