記事

電気自動車時代の先駆けで利用広がる電気スクーター

画像を見る

テスラを筆頭にガソリン車から電気自動車への転換が世界中で一気に進みそうな昨今、都市国家シンガポールではその潮流に先駆けるように電気スクーターが流行中です。

そもそも国土面積が東京23区内程度しかなく、渋滞や環境悪化を避けるため自家用車所有にはクォータ制、輸入には高い関税をかけるなど、国民に自家用車を極力保有させない政策をとってきたシンガポールですが、いっぽうで、ヨーロッパの諸都市と違い、南国特有のスコールが多く1年を通じて高温多湿な気候ゆえ、リクリエーション用バイク以外の自転車はあまり普及していませんでした。

ところが、ここにきて一気に広まる様子を見せているのが、電動スクーター。といっても中国のようなバイク型ではなく、スケートボードにハンドルがついていて簡単に折りたたみができるものや、取っ手がついていて片手で持ち上げて運べる一輪車型など、軽量でコンパクトなものが主流です。

価格はスーパーマーケットで気軽に買える3万円程度から、専門店で販売する高級品の10万円ほどまで。時速は普及品で15㎞程度、高価格帯のものになると50㎞以上出るものもあり、下手にバスや地下鉄を利用するより目的地に早く着ける可能性もあります。降雨時は公共交通機関やタクシーの利用も可能。折り畳み自転車のように他の乗客の邪魔になることもありません。

さらに、この流れを加速するかのように「パークコネクター」という歩行者専用道路網の整備が進んでいます。

もともとは国民の健康増進のため、国中に散らばる公園をジョギングやウォーキングコースとサイクリングコースでつないで余暇の利用に役立てる目的で始まったものですが、この地図で見る限り、各住宅地から都心までだいぶネットワークが広がってきていて、通勤にもじゅうぶん使えそう。

シンガポール政府も電気スクーターのトレンドには注目しており、一部のコミュニティセンターにスクーター用のロッカーを整備したり、将来的には各地下鉄の駅に共用できる電気スクーターを配置して通勤や通学に使えるようにするという計画もあるようです。

日本では法律上、私有地以外でこのような電気スクーターに乗ることはできないと思いますが、私が見る限り、高齢者の乗り物としても電動カートよりはずっと手軽ですし、歩道で走行できる分自転車より安全だと思います。

高齢者の運転による交通事故の増加や、逆に、運転免許を返上して日常生活の足を失ってしまう高齢者も今後増える中、ぜひ電気スクーターの合法化を考えてみてはどうかと思います。

あわせて読みたい

「シンガポール」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。