記事

ドル/円上昇、弱い米指標でも6月利上げ期待続く=NY市場

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対円で上昇して一時1カ月ぶり高値を付けた。弱い米経済指標が発表されたが、米連邦準備理事会(FRB)が6月に利上げする上で妨げにはならないとの見方が広がった。

3月の米個人消費支出(PCE)物価指数はコアベースの前月比が0.1%下落と2001年以来のマイナスを記録。前年比も1.6%上昇と昨年7月以降で最も低い伸びにとどまった。さらに米供給管理協会(ISM)の4月製造業景気指数は昨年12月以来の低水準となった。

これを受けドルは円とユーロに対して値下がりしたものの、その後持ち直しに転じてドル/円<JPY=>は1カ月ぶり高値となる111.92円まで買われる場面があった。終盤は0.2%高の111.77円。ユーロ/ドル<EUR=>は直近が0.1%高の1.0901ドルで、それまでの上昇分のほとんどを吐き出した。

クレディ・アグリコルのFXストラテジスト、バシリ・セレブリアコフ氏は「これらのデータ自体が6月利上げの軌道修正を迫るとは思わない」と語り、市場は先週既に第1・四半期米国内総生産(GDP)を消化していることもあって、第1・四半期のデータはもはや過去のニュースという扱いになっていると付け加えた。

ウェストパック・バンキングのシニア通貨ストラテジスト、リチャード・フラヌロビッチ氏は、FRBは1日の低調なデータについて今週の連邦公開市場委員会(FOMC)声明で「一時的な現象」との見解を示す公算が大きいと予想した。

ただフラヌロビッチ氏は、今後もさえない指標が続くようならFRBの景気見通しに影響を及ぼしかねないと話した。

ドル/円 NY終値 111.83/111.85

始値 111.69

高値 111.92

安値 111.43

ユーロ/ドル NY終値 1.0898/1.0900

始値 1.0897

高値 1.0923

安値 1.0897

あわせて読みたい

「為替」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  5. 5

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。