記事

米民主党メールへのハッキング、中国が関与した可能性=トランプ氏

[ワシントン 30日 ロイター] - トランプ米大統領はCBSテレビとのインタビューで、中国が昨年の米大統領選に介入するため民主党陣営の電子メールをハッキングした可能性があるとの見方を示した。

30日に公表されたインタビューの発言内容によると、トランプ氏は中国が関与したことを裏付ける証拠は示さなかった。大統領は11月8日の大統領選の前にも同様の見解を示したことがある。

トランプ氏はCBSの報道番組「フェイス・ザ・ネイション」でのインタビューで「犯行中にハッカーを捕まえることができなければ、誰が関与したのか解明するのは非常に難しい」と指摘。「中国が関与したかもしれないし、多くの異なるグループによるものかもしれない」と述べた。

米情報当局は、ロシアが大統領選に介入するため、民主党候補クリントン氏の陣営幹部のメールをハッキングした疑惑について調査しているが、トランプ氏はロシアの関与について否定的な見方を繰り返している。

トランプ氏は昨年9月26日に行われたクリントン氏との討論会で、ハッキングに関与した多くの当事者に中国が含まれていた可能性があると述べていた。

あわせて読みたい

「サイバー攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  2. 2

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  3. 3

    桶川事件20年 警察が隠した怠慢

    BLOGOS編集部

  4. 4

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  5. 5

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  6. 6

    いきステ不調 改善には社長交代?

    永江一石

  7. 7

    忘年会やめて「ボーナス増やせ」

    かさこ

  8. 8

    望月記者 安倍首相の戦術に皮肉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  10. 10

    野村克也氏 大谷は下半身を磨け

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。