記事

米民主党メールへのハッキング、中国が関与した可能性=トランプ氏

[ワシントン 30日 ロイター] - トランプ米大統領はCBSテレビとのインタビューで、中国が昨年の米大統領選に介入するため民主党陣営の電子メールをハッキングした可能性があるとの見方を示した。

30日に公表されたインタビューの発言内容によると、トランプ氏は中国が関与したことを裏付ける証拠は示さなかった。大統領は11月8日の大統領選の前にも同様の見解を示したことがある。

トランプ氏はCBSの報道番組「フェイス・ザ・ネイション」でのインタビューで「犯行中にハッカーを捕まえることができなければ、誰が関与したのか解明するのは非常に難しい」と指摘。「中国が関与したかもしれないし、多くの異なるグループによるものかもしれない」と述べた。

米情報当局は、ロシアが大統領選に介入するため、民主党候補クリントン氏の陣営幹部のメールをハッキングした疑惑について調査しているが、トランプ氏はロシアの関与について否定的な見方を繰り返している。

トランプ氏は昨年9月26日に行われたクリントン氏との討論会で、ハッキングに関与した多くの当事者に中国が含まれていた可能性があると述べていた。

あわせて読みたい

「サイバー攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  5. 5

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。