記事

アメリカにとって北朝鮮は芥子粒?それともマッド・ドッグ?

北朝鮮がまた、今朝弾道ミサイルを発射したようである。

発射直後に爆発して国外まで届かなかったようだが、北朝鮮が安保理事会の制裁決議など歯牙にもかけていないことが伝わってくる。
北朝鮮の技術力が思っていたほど高くなさそうだ、ということが分かったのはいいが、何度失敗を繰り返しても絶対に諦めない強固な意志の持ち主のようだから、これをこのまま放置しているといつかは必ず北朝鮮は恐るべき軍事強国に変貌しそうである。

こういう危ない国がすぐ隣にあるのだから、日本も実に危うい。

今年のゴールデンウィークは、北朝鮮週間にならざるを得ないだろう。

さて、アメリカはどう動くだろうか。
様々なシナリオが用意されているようだが、まだアメリカには動く準備までは整っていないようである。
5月7日頃がどうも危ないな、という感じである。
それまでの間は、神経戦が続くのだろう。

日本には何も打つ手がないはずだが、あらゆる事態に備えておく必要だけはある。
万一の時代が発生しても、パニックにだけは陥らないようにしよう、と腹を決めている。
運が良ければ、北朝鮮が引くはずである。
アメリカが自ら乗り出してきたのでは、北朝鮮はひとたまりもない。
中国やロシアが動いて、北朝鮮が説得を受け入れる、というシナリオが一番被害が少なそうだ。

韓国や日本は、オロオロするだけ。

精々が、オロオロしている様子を絶対に外に見せない、というのが日本に出来ることだろう。
そういう意味では、いつものようにゴールデンウィークを満喫している日本人は立派なものである。
何があっても動じないように見える。

平和ボケ、などとディスられる方もおられるかも知れないが、心配しても自分ではどうしようもない時は、悪いことは起こらないはずだと思っていつもの通りに過ごすことである。

ゴールデンウィークを利用して韓国を旅行されている日本人が結構多い、ということを聞いている。
皆さん、万一の時の備えは出来ていますか、とお聞きしようかとも思ったのだが、止めておくことにした。

どこにいても、事が起きた時は一緒。

その時はその時のこと、と思うことにした。
案外、これが一番賢い対処法かも知れない。

さて、アメリカにとって北朝鮮はどの程度危険な存在に映っているのだろうか。

狂犬のような危ない存在だということになれば、即座に手を打つだろうが、相変らず芥子粒のような存在だということになれば、何の役にも立ちそうに見えない弾道ミサイルの発射実験の失敗くらいで大騒ぎをするようなことにはならないはずである。

今のところ、日本では、南北線が10分間ほど運行を停止したという程度のことのようである。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  3. 3

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  4. 4

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  5. 5

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  6. 6

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  7. 7

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。