記事

あの日を忘れない。

4月14日で、熊本大震災から1年が経ちました。
改めて、犠牲となられた皆様に哀悼の意を表すると共に今なお避難生活を余儀なくされている皆様方に心からお見舞いを申し上げます。

今週火曜日に、福島第一原発の視察に行ってきました。

向かうバスから見える仮設住宅の看板の数々、帰還困難区域の風景、人のいない荒れた家々、立ち入り禁止の看板やバリケード。
誰もいないガソリンスタンド、外食チェーンの店々、そして工場。

道端には、除染土を入れた大きな黒いビニールの山。
時間が止まった街を見る思いがしました。

福島第一原発では、廃炉の為に東京電力他、6,000人もの人が、放射線の危険にもかかわらず、一生懸命に働いていました。

頭の下がる思いでした。

廃炉、賠償で22兆円以上、30年~40年の歳月、6年前の状況を詳しく聞き、5号機原子炉建屋内部へ。
燃料デブリを取り出す壮絶な戦いが始まっています。
取り出せたとしても10万年以上、放射線を出し続ける燃料デブリ(※)を置く場所さえ、決まっていません。

手袋2枚、靴下2枚、ゴーグル、ヘルメット、そして宇宙服のような防護服を着て、考え続けたことがあります。
それは視察前と変わらぬ思いでした。

~原発-0へ、明日の子どもたちの為に~

人間がコントロールできない原子力という技術、やはり神様の領域なのだと思います。
聖書の「バベルの塔」を思い浮かべます。

経済にあまりにも大きな影響を与えるのならば、即「原発‐0」でなくてもいい。
今の私たちの世代で「原発-0」の道筋をつけるべきです。

この史上例を見ない大規模原発事故を引き起こした東日本大震災。
被災地の陸前高田市で出会った子どものことが思い出されます。

震災から約半年後の夏、陸前高田市参与として復興イベント開催のお手伝いをさせて頂いた時のことです。
子どものお父さんは20年前、私の店の酒店の担当営業マンだった方で、気仙沼から会いに来てくれました。

その家族は震災まで陸前高田で幸せに暮らしていたのですが、津波でお父さん、お母さん、奥様、6才と3才の娘さんがのまれてしまいました。
お父さんも津波にのまれましたが、波に浮かぶ屋根につかまって一昼夜を過ごし生き残り、10歳の長男は小学校にいて助かったとのことでした。

その時私は何も言葉にできず、10歳のその長男の手をただ握ることしか出来ませんでした。
それぞれが、それぞれの人生を背負いながら生きています。
逃げることができない現実に、ただ手を握ることしか出来ませんでした。

その東日本大震災から6年。熊本大震災から1年。
未だ復興は道半ばです。
依然、避難所や仮設住宅で生活されている方が多くいます。
政治家として、被災地の復興にこれからも全力を尽くしたいと思います。

〝夢に日付を″ 
せめて2030年までに震災からの復興を遂げ、「原発-0」へ。

福島第一原発視察を通じて、そして被災地で出会った子どもたちの顔を思い浮かべながら、強く思いを新たにしました。

※燃料デブリ…原子炉が異常加熱した結果、溶融した核燃料や原子炉構造物、制御棒などが冷えて固まったもののこと。
強い放射線を放っており、かつ非常に硬いため、状況を把握することも処理することも難しいとされる。

あわせて読みたい

「脱原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    マスク推奨すべきか 欧米で論争

    飯田香織

  7. 7

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  8. 8

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  9. 9

    補償なく自粛を要請 著名人怒り

    女性自身

  10. 10

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。