記事

中国の水質・土壌汚染、2016年に改善 一部地域は悪化=政府報告

[北京 25日 ロイター] - 中国の陳吉寧・環境保護相は、全国人民代表大会(全人代)に提出した環境問題に関する年次報告書で、国内の大気、水質、土壌汚染の状況は2016年に全般的に改善したが、水質汚染状況は地域によりまちまちで、重金属などによる土壌汚染も依然みられると指摘した。

報告書によると「水質の改善状況はまだらで、水質が悪化している地域もある」とし、北部の遼河と松花江の水質は2015年より悪化したと説明した。

農業用地の土壌は楽観視できる状態でないとし、産業用地やその周辺の土地の汚染は特に深刻だと指摘した。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  7. 7

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。