記事

新入社員はもはや上司に「リーダーシップ」を求めていない? 理想は「プライベートのことも相談に乗ってくれる上司」

トーマツイノベーションは4月24日、2017年度入社の新入社員のキャリアに関するアンケート調査結果を発表した。調査は4月4日~14日、同社開催の新入社員研修受講者4799人を対象に自記式のアンケートで行った。

将来的に「管理職」になりたいという新入社員は23%

憧れの上司像って?

同社は2014年から毎年このアンケートを実施。この3年間で新入社員が理想の上司に「リーダーシップ」を選択しなくなっている傾向があると分かった。

2014年度の理想のリーダー像は「リーダーシップを抜群に発揮して部下を引っ張る」(46.1%)というものだったが、今年は当時と比べ10.2ポイント減少。35.9%しかいなかった。

一方、今年最も回答が多かったのは「プライベートのことも相談に乗ってくれる上司」(38.7%)、次いで「優しく指導をする上司」(36.4%)と部下に寄り添うことができる上司を求める傾向があることが分かった。学生がイメージする「リーダー像」そのものが変化してきているようだ。

また将来会社でどういう役割を担いたいかを聞くと、「管理職」は23.9%(昨年比0.8ポイント減)、「専門家」は34.4%(同2.2ポイント減)と減少していることも分かった。これらの回答をした人に理由を聞いてみると「管理職になりたい理由がわからない」は4.7%(同3.8ポイント増)、「専門家になりたい理由がわからない」は3.6%(同3.0ポイント増)となっている。

加えて「特にキャリアについての志向はなく、楽しく仕事をしていたい」が21.2%(同1.8ポイント増)、「まだはっきりしておらず、今後決めていきたい」が19.9%(同1.0ポイント増)と増加しており、「今後のキャリアについて、はっきり考えていない」「考えてはいるが、理由は不透明」という人が増えていると考えられる。

3年連続で「定時で帰りたい」が増加

さらに「今の会社で働き続けたい」と答えた新入社員も2年連続で減少している。これに付随して「そのうち転職したい」という回答が去年と比べて4.0ポイント増加し、15.2%に。性別で見ると男性は15.4%(昨年比4.7ポイント増)、女性は15.0%(同2.9ポイント増)となっている。

また女性の回答者からは「家庭に入りたい」という回答が昨年から5.4ポイント増える結果となった。昨年の就職活動が「学生が就職先を選ぶ」という比較的売り手市場であったことを受け、社会人になった後も「転職する」「家庭に入る」などの選択肢を残したまま、自身のキャリアを柔軟に捉えている人が多いと考えられる。

今後1~3年間の会社での労働時間については「定時に帰りたい」と答えた人の割合が3年連続で増加し、今年は37.9%(昨年比5.7ポイント増)となった。それに伴い「仕事・成長のためにできるだけたくさん働きたい」という人は13.6%(同5.1ポイント減)となっている。

ちなみに20代の時間の使い方として「プライベート優先」「仕事とプライベート優先」「自己投資とプライベート優先」と答えた人の割合の合計は昨年と比べて8.3ポイント増加となっている。これはワーク・ライフ・バランスや「働き方改革」に対する意識が学生にも浸透してきているようだ。

あわせて読みたい

「リーダーシップ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サムスンに頼る韓国経済の危うさ

    MONEY VOICE

  2. 2

    大量閉店SUBWAY 景況感に日米差

    MONEY VOICE

  3. 3

    ZOZO非正規率は67% 低賃金の実態

    藤田孝典

  4. 4

    照射問題 新証拠公開で決着図れ

    城内実

  5. 5

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

  6. 6

    フッ化水素にみる脆弱な韓国経済

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    いつまで働く? 定年65歳時代到来

    ヒロ

  8. 8

    高校教育に古典は本当に必要か

    Dain

  9. 9

    元官僚 プロレスでいい日韓関係

    AbemaTIMES

  10. 10

    高須院長の辺野古視察は価値あり

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。