記事

集英社ジャンプ+α編集部、性的イラストを女子トイレ入口に掲示 - 網尾歩 (ライター)

 見たくない人の権利はある。企業の中で行われれば、それは明確な性的嫌がらせだ。

下着を下ろした「女子トイレ」のマークに批判

 ある朝会社に行くと、自分が利用する場所に、明確にあなたに見せる目的で、性的な描写のイラストが置いてある。どう感じるだろうか。あなたが男性でも女性でも、やった相手が異性でも同性でも、相手がたとえ「これは芸術だ」「喜ぶかと思った」と主張していたとしても、あなたが不快と感じれば、これはセクハラだと訴えることができる案件だ。厚労省がまとめた「事業主の皆さん 職場のセクシュアルハラスメント対策はあなたの義務です!!」には「環境型セクシュアルハラスメント」の典型的な例として「事務所内にヌードポスターを掲示しているため、その労働者が苦痛に感じて業務に専念できないこと」が挙げられている。

 4月19日に集英社の「少年ジャンプ+α」で掲載されたweb漫画「すすめ!ジャンプへっぽこ探検隊!」の「【3話】ジャンプ編集部の女子トイレのマークを矢吹健太朗先生がデザインしたらこうなった!!」が炎上している。

 簡単に内容を紹介すると、ジャンプ編集部のトイレが普通でつまらないと感じた作者が、編集者と「トイレのマークをジャンプ作家さんにデザインしてもらう」ことを検討するところが発端。男子トイレ、女子トイレ両方のマークを制作することにはなぜかならず、女子トイレのマークのみを、「ちょっぴりえっちなラブコメ漫画」家として有名な矢吹健太朗氏が描くことになる。

 本来、トイレマークは男子用女子用の対比があってこそ成り立つ「デザイン」なのだが、このあたりからすでに当初の企画が迷走し始めている。作者は漫画内で「矢吹先生以上に女子トイレにふさわしいジャンプ作家はいない!!」と言い切っており、この理由は矢吹氏が性的な描写に優れているからであろうことが推測できる。何か女子トイレに対しての思い入れがあるのかもしれない。

 矢吹氏が描いたイラストは4パターン。(1)女性の裸体のシルエット、(2)麦わら帽子をかぶった着衣の少女のシルエット、(3)胸が強調された女性の裸体のシルエット、(4)下着を膝のあたりまで下ろしている姿、太ももからふくらはぎのあたりまで描かれている。作者はイラストが紹介されるたびに、「スゲエー この体のライン!」「ありがとぉおおおございましたぁああああ!!!」「次元が違う!!!!!」など、感動を露わにしている。

 結局選ばれたのは「次元が違う」と評価された4枚目の下着を下ろしているイラスト。実際に編集部の女子トイレマークが貼りかえられた写真が「なんという事でしょう!」「見る者を惹きつける魅力的なトイレに!!」という文章と共に紹介される。漫画のオチは、「とにかくこんな素敵なトイレならきっと編集部の女子もよろこんで…」と言う作者に「っていねぇよ編集部の女子!!!」と編集者が答え、「ジャンプ関係者の女子のみなさん! 編集部にお越しの際は是非女子トイレにお立ち寄り下さい!」という呼びかけで終わっている。

 あまりにも無邪気で無自覚なセクハラだ。女性が利用する場所に、女性を性的な目線で描いたイラストを掲示することに、何の疑問も持たなかったのだろうか。

 また、この作者たちは、トイレは痴漢や盗撮、ときには強制わいせつ、レイプ事件など性犯罪が起こる場所であることや、実際に企業内のトイレでも盗撮事件が起こっていることを知っているのだろうか。性的被害と関連の強い場所を「エロ」と結びつけることの危険性、不快さ。これを大げさな主張だと言われるなら、平和ボケという言葉を返したい。

参考:犯罪の温床!? 公共トイレの危険性(R25)
勤務先の女子トイレにカメラ設置し盗撮 「見たかった」容疑で45歳の男逮捕 奈良県警(産経新聞)

セクハラの指摘を想定できないこと自体ヤバいのでは

 面白いのは、ネット上ではこの件を「セクハラ」と認識している層と、「セクハラなんて、そんなバカなw」という反応の両方があることだ。

 矢吹氏のイラストはどう見ても性的だ。作者と編集部も性的なイラストを求めて矢吹氏に依頼し、矢吹氏はそれに応えたまでだろう。女性を性的に描くことは表現の自由だが、それを事業所内の誰にでも目に触れる場所に置くことは環境型セクハラだ。「表現の自由」とは、いつでもどこでも何をやってもいいということではない。常に、他者の自由や安全を侵害していないかどうかの兼ね合いで、その線引きが決まる。なぜなら他者にも自由を求める権利があるからだ。今回の場合、「環境型セクハラ」というかたちで定義された線引きがある。これをセクハラではないと軽んじる人は、あまりにも他者の権利に無頓着だ。なぜそこまでして、こんな下世話なネタを擁護したいのか。人の性を貶めてまで守らなくてはならないものなのか。

 編集部に女性はいないのだからセクハラ被害に遭った人はいないという反論があるが、作者たちは実際に女性の利用を呼び掛けている。作者たちが女性に利用を呼び掛けているのは、彼らにはこれがセクハラだという感覚が一切ないからだろう。自分たちが面白いと感じるのだから、きっと他の人もそうだろう。とてもピュアな考えだ。彼らに多少なりとも背徳感があれば、まだ良かったと思う。最も怖いのは、これがセクハラだと感じる人のことを全く念頭に置いていない、企業のコンプライアンスの低さだ。そして、「こんなのはセクハラだと思わない」と主張することで自分の寛容さを示そうとし、結果的に他者の権利を踏みにじることに無頓着で時代遅れな人々だ。

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  7. 7

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  8. 8

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  9. 9

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。