記事

G20閉幕、麻生財務相「保護主義強まらず」 中国に懸念も

[ワシントン/東京 21日 ロイター] - 麻生太郎財務相は21日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議後にワシントンで記者会見し、「これ以上自由貿易から保護主義への流れがさらに強まるとは思っていない」との認識を示した。中国経済については「過剰生産や過剰投資が世界経済に混乱を与えている」と懸念を表明した。

麻生財務相は国際通貨金融委員会(IMFC)にも出席し、「世界経済の見通しが先進国を中心に足元で上向いていることは歓迎できる」と発言。経済成長をさらに強化していくためには、金融・財政政策や成長戦略など、あらゆる政策手段を駆使する必要があると指摘した。

会合では「自由貿易に逆行すべきでないと主張した」ことも明らかにした。その上で「保護貿易にすべきと言っている国はない。基本的には自由貿易は維持される」との見方を示した。

環太平洋連携協定(TPP)を巡っては、米国抜きで発効を目指すことは「選択肢の1つ」と述べた。米国は日本との自由貿易協定(FTA)を視野に入れるが、「TPPの方が日米双方にとって良いシステムだ」とし、「2国間交渉の方が米国にとってより良い条件が得られる保証はない」と語った。

一方、日銀の黒田東彦総裁は、来週の金融政策決定会合で2017年度の物価見通しを引き下げる可能性について、「これから決定会合で議論が行われる」と述べるにとどめた。

ショイブレ独財務相が「金融政策の正常化に備える必要がある」と発言したことに関しては、「ショイブレ氏が何を指していたのかは分からない」とした上で「G20の議論の中でこの点について色んな議論があったとは聞いていない」と語った。

(木原麗花、梅川崇 編集:田巻一彦)

あわせて読みたい

「麻生太郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。