記事

ギリシャの後継首相は欧州中銀前副総裁、イタリアは解散をにおわすも、かつては中銀総裁がつなぎ首相だった過去。

IMFに丸投げするのか、と思いきや、意地をみせたのか、自らのサーベイランス機能放棄が、事実上のユーロシステム崩壊に見られることに気付いたのか、EUが、IMFに先行してイタリアの財政再建、構造改革に着手することが、決まったようです。

 この時間にも、代表団がローマ入りしており、財政健全化の具体的道筋、年金改革、労働市場改革などの質問をつきつけているはずです。

 翌週来ることが決まっているIMFとの差はどこにあるのか、おそらくは、地ならしや緩衝材となることで、両者の開きをうめて、少しでも事態が改善していくように見せることで、市場を沈静化し、金融危機のドミノを避けるということだと思われます。

 IMFとのガチンコ、イタリアぶち切れ、政治混乱、カオス状況だけは避けなければなりませんからね。

 イタリア国債の早期買い支えは不可避、すでにやっているでしょうが、どんな売り浴びせにも耐える、となると今回は大変ですよ。

ベルルスコーニ体制のこの9年間は、何だったのか、、。メディア王として、マスコミ操作?により、実績の上がらない政権の支持率は、何とか維持されてきていましたが、特に2008年以降は、目立った経済財政政策は、何一つ実行されていません。

 民主党内のTPP会議、終わったのかな?

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。