記事

何か問題が起きても「自己責任」の除染ボランティアは要注意 - 有村眞由美

 環境省がホームページで放射性物質の除染ボランティアを募集しはじめた。伊達市(連絡先:コープふくしま)と福島市(連絡先:福島市社会福祉協議会)で「庭等の除染」をするという。

 安全対策について、コープふくしまと福島市社会福祉協議会にきいた。

 コープふくしまによれば、作業は9時から16時までで、この間の積算線量はおおよそ9〜10マイクロシーベルト。ふつうの服装にマスクで作業しても安全という。

 仮に放射性物質の影響で健康被害があらわれた場合はどうするのかについてもきいてみた。「あくまでもボランティアで来ていただくわけですから」と自己責任と言わんばかりの回答だった。

 福島市社会福祉協議会も同様の答え。10月29日に初回の除染ボランティアが作業を行い、109名の参加者があったという。このときの積算線量はおおよそ2〜3マイクロシーベルトだったとしている。

 福島市危機管理課によれば、除染ボランティアの積算線量は、福島市が記録、管理する。しかし、あとあと、除染ボランティアが健康被害を訴えた場合、労働災害と認定されるのか疑問だ。厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課にきいた。

 「除染ボランティアは労働災害の対象外」

 善意の国民から除染ボランティアを募集しておきながら、何か問題が起きたときは「自己責任」と逃げる。この国の行政はどこまでも無責任だ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    安倍首相に振り回され続ける日本

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。