記事

そこまで金田法務大臣を隠したいのか

共謀罪法案について、衆議院法務委員会において実質的な審議が始まりました。

政府与党側の体制は、驚くべき「金田法務大臣隠し」。

答弁者について、官僚の答弁を認めるべきと、委員会の冒頭において、与党委員長の職権で多数決、数の力で押し切るという形で決めました。官僚の答弁を認めるのは、全会一致で決めるのが通例。この通例を数で押し切ってのスタートでした。

金田法務大臣の答弁能力が不安なのがありあり。担当大臣が責任をもって抱えきれないような法案を、国会で通していいものでしょうか。

ましていわんや、「テロ対策」という偽りの看板を掲げつつ、国民生活に対する権力の乱用につながる懸念を強く指摘されている法案です。

数の力で、権力を持つ人間が、さらに自らに権力を与える方向に世の中を変えていってしまっている。強い危機感を感じます。何としてもこの法案は止めていかねば。

あわせて読みたい

「共謀罪」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。