記事

原油先物が小幅下落、米API在庫統計を嫌気

[シンガポール 19日 ロイター] - 19日アジア時間の原油先物相場は小幅下落。米石油協会(API)が公表した在庫統計が嫌気されている。

北海ブレント先物<LCOc1>は0.05ドル安の1バレル=54.84ドル。米WTI原油先物<CLc1>は0.04ドル安の52.37ドル。

ANZ銀行は「市場の焦点が再び米国の在庫と生産に移ったため、原油相場は小幅安となった」と説明した。

APIの統計によると、4月14日までの週に原油在庫は84万バレル減となったが、依然として過去最高水準近くにとどまった。ガソリン在庫は140万バレル増となった。

米エネルギー情報局(EIA)の在庫統計は19日発表される見通し。

一方、サウジアラビアの2月の原油輸出は減少したが、生産は増加したため、相場への影響は限定的となった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  8. 8

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  9. 9

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。