記事

不発砲弾の処理(シルト、ベニ・ワーリド)

リビアでは多くの地雷の存在が住民の安全にとって大きな障害となると報じられていましたが、不発弾の処理も大きな問題です。


この問題に関して、8日付のal qods al arabi net は国際赤十字委員会が7日、シルト及びベニ・ワーリド(カッダーフィ軍の最後の拠点となり、激しい戦闘のあった所)で来週から、不発弾の処理を始めると発表したと報じています。

記事によると内戦が終了してから現在までで、不発弾にあたったり、その為に死んだりした者の数は100名に上るとのことです。

また国際赤十字によれば、これまでリビア各地で1400発の不発弾の処理をしたとのことです。

地雷の処理の方が難しいと思いますが、こちらの方はどうなっているのでしょうかね。

http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2011-11-08-06-54-30.htm

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。