記事

イタリアが予算法案を可決したが連立政権は過半数を失った「お荷物」化したベルルスコーニは辞任へ

イタリア代議院(=下院)が前年度予算の決算案を可決しました。

これはルーチン(お定まり)の採決であり野党議員を中心に棄権(321票)が続出したことで可決が可能になりました。だから決して感心できる偉業達成ではありません。

むしろ重要な点はベルルスコーニ陣営(自由国民党、北部同盟など)が630議席中308票しか得ることが出来なかった事です。

つまり連立与党は過半数(316票)を割り込んだのです。

この結果を受けて野党である民主党(Partito Democratico:PD)のピエル・ルイジ・ベルサーニ書記長は「連立政権は過半数を失った」とコメントしベルルスコーニ首相に退陣を迫りました。

この結果、ベルルスコーニ首相は2012年の予算が成立し次第、辞任すると発表しました。

マーケットはこの報道を好感しています。

なぜなら市場関係者は「ベルルスコーニはイタリアにとってお荷物になってしまった」という認識を持っているからです。

欧州の民間銀行は8,375億ユーロのイタリア国債を保有しています。

10月28日に決まった欧州包括戦略に盛り込まれた欧州金融安定ファシリティ(EFSF)4,400億ユーロと2010年5月に第一次ギリシャ救済案がまとまったときに設定されたEFSFの「未使用分」を合計すると、現在のEFSFの残額は6,000億ユーロ程度です。

すると下のグラフのように現在のEFSFの残額でギリシャを支えることはラクに出来るのですが、イタリアを支えるのは容易ではないことがわかります。
リンク先を見る

急いでEFSFのパワーアップを図る必要があるのです。

イタリアの場合、プライマリー・バランスでは一応均衡財政となっています。だから切り詰め一辺倒の処方をしたところでマーケットが納得するかどうかはわかりません。

むしろイタリアの問題は慢性的な低成長です。

これは産業構造の改革によって実現しなければいけない面もありますけど、それと同時にトリシェ前ECB総裁の引締め的な金利政策の犠牲でそうなったことも忘れてはなりません。

財政改革と成長、、、この二本立ての対策が今のイタリアには必要です。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  9. 9

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。