記事

米海兵隊、駐留第1陣が豪北部に到着 豪・中国軍と合同演習へ

[ダーウィン 18日 ロイター] - 豪北部ダーウィンに18日、同地に駐留を始める米海兵隊の第1陣が到着した。駐留期間は6カ月で、その間に豪軍、中国軍との合同軍事演習を予定している。

駐留はオバマ前米大統領が2011年に導入したもので、中国を念頭に米軍がアジア太平洋地域に「軸足」を置く計画の一環。

海兵隊によると、今年の駐留規模は1250人で、当初計画していた2500人を下回る。ただ、新型輸送機「オスプレイ」や攻撃ヘリコプター「スーパーコブラ」など航空機13機が駐留先に派遣される予定で、これまでの駐留で最多となる見通し。

海兵隊の司令官は、派遣される航空機の大幅増は「この地域とこのパートナーシップに対する米国のコミットメントの明確な表れ」と語った。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    景観重視で堤防拒否した二子玉川

    田野幸伸

  2. 2

    八ッ場ダムが活躍? 称賛を危惧

    藤田哲朗

  3. 3

    ホームレス拒否への批判に疑問

    永江一石

  4. 4

    矢沢永吉に苦情 不謹慎探す社会

    常見陽平

  5. 5

    災害時リスク高いタワマンの欠点

    tokyo editor

  6. 6

    旭日旗にパブロフの犬状態な韓国

    文春オンライン

  7. 7

    グラドル保育士が破壊するモラル

    田中俊英

  8. 8

    韓国紙 在韓米軍巡り文氏に異論

    WEDGE Infinity

  9. 9

    タワマンは首都圏版ニュータウン

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    電気代に裏金乗せるヤクザな関電

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。