記事

マリキーの再登場?(イラク)

マリキーといえば、モースル失陥当時のイラク首相で、個人的情実と宗派的思惑から、イラク軍幹部を、軍事的能力はないが、彼に個人的に忠誠を誓う連中で固め(また政府も同じ手法の人事政策をして、腐敗をはびこらせる要因となったとされている)、モースル等をISに引き渡すこととなった責任者だが、どうやら彼が再びイラク政治の主流に出てこようかというので、シーア派内部の大きな問題となっている模様です。

これはal qods al arabi net とal arabiya net の報じるところで、それによると彼の属する(確かダウワ党だったと思うが)も含めて、シーア派の政党が形作る政党連合の「法治国家」連合の、代表のomar hakim がこの9月に辞任する意向を表明し、その後任として、かのマリキーの名前が挙がり、多くのシーア派政党が反対を表明しているとのことです。

もちろんスンニ派とクルド派の政党は、マリキーの彼らに対する強硬態度にかんがみて、彼がシーア派連合の長になることには反対の意向を表明している由。
シーア派政党では、特にサドル師の自由連合が反対が強く、その議員たちは、マリキーの再登場は独裁政治の復活であるとか、モースルその他の多くの町をISに売り渡したのはマリキーであると非難している由。

http://www.alquds.co.uk/?p=704406
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2017/04/14/ممثل-مقتدى-الصدر-المالكي-سلم-محافظات-العراق-لداعش.html

マリキーは確か、現在は実権のない副大統領に祭り上げられ、長期間イランに滞在しているなど、ますますイランの傀儡?であることをあらわにしているようですが、彼が首相にでもなれば、名実ともにイラクはイランの衛星国家になったことを示すのでしょうね?
イランを中東での最大の問題とするトランプはどうするのでしょうか?
まだ時間はありますが、シリアにしてもイラクにしても、基本的な国の構成要件というか、勢力図が変わらない限り、いつになっても解決しない問題のようです。

あわせて読みたい

「イラク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  7. 7

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  8. 8

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河野大臣は自民の救世主になるか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。