記事

農産品届け 喜びの声/熊本地震1年 共産党と農民連協力

リンク先を見る
写真拡大

 熊本地震で最初の震度7を記録した地震から1年後となる14日、震度7を2度記録し、大規模な被害を受けた熊本県益城町(ましきまち)で、「熊本地震日本共産党益城支援センター」と党益城支部が、農民運動熊本県連合会の協力を受け、応急仮設団地や住宅街を回り、農産品を届ける支援活動をしました。

 被災者たちは口々に「ありがたい」と語り、米・野菜や福岡県産のイチゴ、長野県産のリンゴ、沖縄県産のパイナップルなどの果実を持ち帰りました。

 自宅が大規模半壊し、仮設で暮らす女性(80)は「支援には、いつも感謝しています。(傾斜地で)同じ所には危険で家を建てることはできません。できれば孫と一緒に住めるようにしてほしい」と話しました。

 専業農家の女性(56)は、16日の2度目の地震で自宅と作業小屋が全壊しました。再建を希望していますが「資金や大工さんの人手不足が悩みです」と語りました。

 震災直後から支援を続けている熊本県農民連の笹渕賢吾会長は「被災者の声を直接聞き被害の実態をつかんでいます。今後も被災者に寄り添う支援の取り組みを続けていきたい」と話しました。

 支援活動には、日本共産党の甲斐康之・前益城町議や、県内の農民連会員はじめ、福岡県農民連のメンバーらも駆けつけました。

あわせて読みたい

「熊本地震」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  5. 5

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  6. 6

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  7. 7

    五輪特需失ったホテル業界に危機

    ロイター

  8. 8

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  9. 9

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  10. 10

    緊急事態宣言は拍子抜けする内容

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。