記事

米政府による外国情報の監視要請、16年前半に急増=マイクロソフト

[ワシントン 13日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>は13日、透明性に関する最新の報告書を発表し、米政府からの外国情報収集を目的とするユーザーコンテンツの監視要請が、2016年1─6月に少なくとも1000件に上ったと明らかにした。

報告書によると、外国情報監視法(FISA)に基づき同社が受けたユーザーコンテンツの監視要請件数は、16年前半は1000─1499件で、15年前半と15年後半のそれぞれ0─499件から大幅増加した。要請件数を調べ始めた11年以降、最多となった。

一方、要請の影響を受けたユーザーアカウントの数は、16年前半は1万2000─1万2499件となり、15年後半の1万7500─1万7999件から減少した。

米政府は企業による監視要請公表について、正確な件数ではなく、おおまかな単位での公表のみを認めている。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  7. 7

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  8. 8

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  9. 9

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  10. 10

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。