記事

「こども保険」実現に向けて

[画像をブログで見る]

先日提案させていただき、多数報道されている「こども保険」ですが、自民党として正式に制度設計する運びとなりました。

本日(4月13日)、自民党内に「人生100年時代の制度設計特命委員会」が設立。この特命委員会は、これまで「2020年以降の経済財政構想小委員会」として活動してきたものを格上げし、それまで若手に限定していたメンバーを全世代型に広げて設立したものです。
茂木敏充政調会長が特命委員会の委員長、小泉進次郎農林部会長が事務局長、私は幹事として参加しています

この特命委員会では、「こども保険」だけでなく、社会保障全般にわたって、これからの人口減少・超高齢社会に適した制度を検討していくことになります。
その最初のテーマとして少子化対策を取り上げ、「こども保険」の制度設計をしていくことになりました。

今回の会議では、「こども保険」についてフリーディスカッションを行いました。
・そもそも歳出増には反対だ。
・幼児教育を実質無償化できるくらい大規模な制度とすべきだ。
・少子化対策は保険にそぐわない
など、多様な意見が出されましたので、次回の会議では論点を整理して改めて検討を行うことになりました。

そもそも、私が「こども保険」を提案したのは、
・内閣府の調査で、子供を増やしたくない理由の56.3%が「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」であるとされていること
・子育て中の女性と意見交換をしてきた中で、多くの方から「もう一人(子供が)欲しいとは思うけど、経済的に厳しい」との声をお聞きしてきたこと
などから、「お金の悩みで結婚や出産をあきらめることのない社会」を実現したい、という思いを抱いていたからでした。

具体的な仕組みは、
・児童手当に加え、0~5歳児に「こども保険」給付金を上乗せ給付する
・その財源として、年金保険料率を引上げる
というものです。

多くの方から、賛否両論、多様な意見をいただいておりますが、抜本的な少子化対策を講じ、日本の未来を照らしていくために、皆さんのご意見を真摯に受け止めさせていただき、制度設計にいかしていきたいと考えています。

「2020年以降の経済財政構想小委員会」として「こども保険」を提言した際に、より詳細な解説をしました。
その時のブログ記事は>>>こちらから

あわせて読みたい

「こども保険」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。