記事

シリアの化学兵器使用問題(安保理決議案)

シリアでの化学兵器使用問題に関する米英仏3国決議案は12日採決され、ロシアの拒否権で否決されました。

同決議案に賛成した国は10国、反対したのがロシアとボリビアの2国、棄権したのが中国、カザフスタンエチオピアの3国の由。
採決に先立ち、主として米英等とロシアとの間で激しい論争があったとのことですが、安保理で拒否権の行使が予測されるような審議の場合には、激しい論争が起こるのはむしろ、当たり前で、双方ともに自己の立場は全く変更しなかったようです。

それよりも、注目されたのが中国の棄権で、これまで中国はほぼ毎回ロシアとともに拒否権を使っていましたが(ロシアのシリア問題での拒否権使用は、これで8回目の由)、今回棄権に回ったのは、習主席とトランプの会談が功を奏したのか、中国としては自国にはあまり重要ではないシリア問題で、せっかくの米国とのディールを壊したくなかったのか、北朝鮮の状況を見据えての投票か、その辺の思惑はわかりませんが、仮に中国をロシアから切り離したとすれば、トランプ政権の外交力もなかなかのものだと思います。

そのほか旧ソ連のカザフスタンも棄権しましたが、ここも最近の西側とか中国との関係増進を反映しているのでしょうか?
それにしても、ロシアに同調したのが、遠い南米の小国ボリビアだけというのは寂しいですね

なお、安保理には米英仏決議案のほかにロシアと非常任理事国の決議案2本が出ていたはずですが、何の報道もないので、採決までいかなかったのでしょうか?
http://www.alquds.co.uk/?p=703328
http://www.aljazeera.net/news/international/2017/4/12/واشنطن-تدعو-موسكو-لنبذ-الأسد-وتتهم-إيران-بمشاركته

それにしても、ラブロフと米国務長官との会談は5時間に及んだといわれていますが、建前の非難の応酬のほかに、どんな駆け引きがあったのでしょうか?
そちらのほうが気になりますね。

あわせて読みたい

「安全保障理事会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  9. 9

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  10. 10

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。