記事

人前で堂々と喋ろう! 「あがり症克服」徹底ガイド

1/2

遠藤 成=文 教える人:ヴィゴラスマインド代表 金光サリィ

人前で話すことが、どうやら日本人は苦手らしい。流暢に堂々と喋りたいと思っても、いきなりそこを目指すのは賢くない。まずは、脳の特性を活かして、人前で話すことの印象をよくすることから始めるのが正解なのだ。

なぜ人前だと話せなくなってしまうのか

会議、朝礼、プレゼン、自己紹介、面接、結婚式の挨拶と、人前で話す機会は多い。ところが、大勢の前で話すとなると、心臓はドキドキ、手には大量の汗をかき、足はガクガク震え、顔の筋肉がこわばる。頭が真っ白になって、しどろもどろ。そんな悩みを抱えている人は多い。

人前で堂々と喋れるようになりたい。どうして、人前だと話せなくなってしまうのだろう。

これまでに数多くのあがり症の克服をサポートしてきた、メンタルコミュニケーショントレーナーの金光サリィさんに話をうかがった。金光さん自身、極度のあがり症で苦しんだ経験を持ち、克服した一人だ。

「多くの人が間違うのですが、あがり症を治したいと思うと、つい上手に話すことを目指してしまいがちです。TED(※)に登場するスピーカーのように流暢に喋れるようになりたいと、話し方教室に通い、話の組み立て、間の置き方、声のトーンなど、いろいろな話し方のスキルを学びます。しかし、上手に話すことを目指しても、あがり症はなかなか克服できません」

※毎年大規模な世界的講演会を主催している非営利団体。講演会では、学術、デザインなど様々な分野の人物がプレゼンを行う。

多くの人が克服するアプローチを間違えて、遠回りをしていると金光さんは指摘する。

「一見、上手に話せていても、実はあがり症で困っている人もいます。何よりも大切なのは、人前で話すことの印象をよくすることです」

なぜ、あがってしまうのだろう。金光さんは記憶と大きく関係するという。

「あがり症の赤ちゃんはいませんよね。それが、人前で話したときに笑われたとか失敗したとか、その人にとって嫌な経験をすると、人前=危険な場所として記憶されることがあります」

病気でもないのに、心臓がバクバクいったり、冷や汗をかいたり、足が震えたり。〈あがる〉とは不思議な症状だ。

脳の特性を利用すればあがり症は克服できる

「人は危険な場所に立たされると、自律神経の交感神経が優位になり、心臓が高鳴り、顔面は紅潮し、汗をかきます。この反応は、危険に立ち向かう、または回避するために、体がエネルギーを出している状態です。体は臨戦状態なのに、それを本能に逆らって抑え込み、リラックスしようとするのは非常に難しいことなのです」

多くの人を救ってきた金光さんのあがり症克服メソッド。その手法は、脳の特性を活かしたものだ。

「脳の自然な働きを抑えようとするのには無理があります。むしろ、それを利用する。その方法がこれから紹介する〈5つの魔法〉です」

金光さんがクライアントに〈5つの魔法〉を伝える前に、必ずお願いしている大事な約束事がある。

「日頃から『でも』『だって』『どうせ』のようなマイナスの言葉を使っていたら、言うのをやめてください。そして、反省する癖もあるようなら、それもやめましょう」

マイナスの言葉を日常的に使っていると、せっかくいい情報に触れても、「でも自分には無理だ」と情報をシャットアウトしてしまい、それを活かすことができない。また、過度に反省することは苦手意識の強化につながるので注意が必要なのだ。

聞き方を変えると話すのがラクになる

「あがり症の人は他人の話を聞くとき、〈今、詰まった。硬くなっているな〉と緊張しているかどうかを気にしたり、〈あの人よりこの人のほうが上手いな〉などと評価しがちです。すると自分が人前で話すとき、みんなもきっとそうやって自分が緊張しているかどうかを見ている、上手いか下手かを評価していると錯覚してしまい、それが過度のプレッシャーとなってあがりをより誘引します。

それらを全部やめて、聴衆のなかで一番いい、肯定的な聞き役を演じてみましょう。笑顔で〈なるほど〉とうなずきながら聞く。これを繰り返すことで、人は肯定的に話を聞いてくれるものだと思えるようになり、今までよりも、ずっとラクに話せるようになります」

あわせて読みたい

「コミュニケーション」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  9. 9

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  10. 10

    神奈川県で過去最多1686人の感染確認 6日連続1000人超

    ABEMA TIMES

    08月02日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。