記事

安全と安心にプラスして、信頼が必要なんだが・・・

今私たちにとって一番足りないのは、何だろうか、ということを考えている。

豊洲市場移転問題で、安全だがまだ安心のレベルではない、などという議論が湧き起こって、ああ、安全と安心とは別物なんだな、ということを妙に納得した気がしたものだ。
私などはこういうことには比較的鈍感なものだから、専門家の皆さんが安全だ、などと言えば、ついその気になって安心してしまう方だ。

私にとっては安全のレベルと安心のレベルにはそう大きな差はない。
安全だと皆さんが言ってくれれば、もうそれ以上はくよくよ一人で悩むこともしないし、物事の決断も早くなる。

あ、そう、大丈夫なのね。

少々早とちりのところもあるから騙されやすいのかな、と思うが、大体は皆さんと同じようなレベルだろうと思っている。
ファミレスなどで出される食べ物に一々これは安全な食べ物かなどと詮索しないで、どんどん口に放り込んでいく。

まあ、どこに行っても似たようなもので、出されたものはどんどん食べ、どんどん呑み込んでいく。

もっとも、そういう生活を続けてきて、これはしまった、間違えてしまった、騙されてしまったな、と思っていることが一つある。

原子力発電所の安全性であり、原子力発電の安全性や経済優位性、基幹エネルギーとしての永続性である。
まあ、小泉さんでさえすっかり騙されていたなあ、と自戒の念を表明されているくらいだから、本当のことを知らなかった私が問題の所在に気が付かなかった、ということはある意味で仕方がなかったのだが、それでも間違いは間違いである。

それも、取り返しが付かないほどの大間違い。

原子力発電所の全電源喪失などという事態が現実に起こり得る危険性にまったく気が付かなかった。
原子力発電は絶対に安全だという安全神話に、いつの間にか毒されていたのだと思う。

今は、絶対に安全だ、などとは盲信していない。
専門家の皆さんが、当面は安心だと仰っているからそうなんだろうと、余計なことは考えないことにしているが、内心ではいつか早いうちに原子力発電をなくしていかなければならない、と思っている。

外に向かってそういうことを言うか言わないかの違いがあるだけで、殆どの方は私と同じようなものだと思う。

安心は心の問題なので、ある程度自分でコントロールできる。
潔癖症の方はどんな対策を講じても安心できないだろうが、私は、多少の不安が残っていても、双方の対策が講じられていれば、まあ安心だろう、と自分を納得させてしまう。

小池さんが豊洲市場についていつ安全宣言を出すかが取り沙汰されているが、専門家会議の皆さんが一応の報告を取りまとめ、それなりの追加安全対策を講じられた辺りで安全宣言を出されればいいのではないかしら、と思っているところである。

自民党都議団の皆さんは、小池さんを目の敵のようにして、今直ぐ安全宣言を出せ、7月の都議会議員選挙の争点は豊洲市場への早期移転問題だ、などと息巻いておられるようだが、この問題で都民の支持を取り付けようとしてもまず無理だろうと思っている。

安全、安心の外に、もう一つ大事なポイントがありますよ、ということだ。

信頼である。
皆さんに任せておけば大丈夫、という信頼があるのかどうか。

今一番政治に求められているのは、信頼だと思う。
その信頼を、皆さんは一度失ったんですよ、ということをあえて申し上げておきたい。

東芝が監査法人の意見なしの決算報告を出さざるを得ない状況に至ってしまった。
信頼を失ってしまった企業をどうやって立て直していくか、というのは実に難しい問題である。

まあ、自民党都議団の皆さんはそれほどの問題を抱えておられないのだろうから、大したことはないのかも知れないが、一般的には信頼を取り戻すのは大変な作業である。

小池さんや音喜多さんを批判しているだけでは、なかなか難しいだろう。

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。