記事

中国がサイバーセキュリティ法案、企業の海外データ送信審査へ

[北京 11日 ロイター] - 中国のサイバーセキュリティ管理当局は11日、海外にデータを送信する企業に対し、毎年セキュリティ審査を受けることを義務付ける法案を明らかにした。

法案では、1000ギガバイト(GB)を超えるデータ、もしくは50万以上のユーザーに影響が及ぶデータを送信する企業をセキュリティ対策などの面で審査し、データが国益に反する内容かどうかも評価するとしている。

安全保障や公共の利益を脅かすような経済データや科学・技術に関するデータの海外送信は禁止される。また、データの海外送信についてユーザーの承諾を得ることが義務付けられる。

海洋環境など扱いに注意が必要な地理情報も審査の対象となる。審査に当たっては、送信先の国や改ざんの可能性の高さといった要因が考慮される。

当局は5月11日まで法案について意見を募るとした。

あわせて読みたい

「サイバーセキュリティ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  8. 8

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  9. 9

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  10. 10

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。