記事

バンコクに韓国テーマのモール開店、Kカルチャーブームに注目

[バンコク 10日 ロイター] - タイの首都バンコクで10日、韓国をテーマにしたショッピングモールと娯楽の複合施設がオープンした。国内で韓国ポップカルチャーへの関心が高まっていることに着目したという。

施設の総面積は18万平方メートル、総工費は2億7500万ドル(約304億円)。タイのKカルチャーファンに加え、外国からの訪問者にも照準を合わせ年間1000万人の動員を目指す。

バンコクは昨年、世界で最も外国人が訪れる都市となり、施設を手掛けたショーDC社は、主要なアトラクションに育てたいとしている。

モールには、ロッテなど韓国ブランドやKポップアーティスト関連の衣料、化粧品、飲食店が並び、韓国スターの銅像や手形が展示されているほか、韓国からパフォーマーを招く計画もあるという。

あわせて読みたい

「タイ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  6. 6

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。